EAT-MEN

Read Article

上條晃が加藤多佳子を脅迫して逮捕された件について


朝日新聞配達員の上條晃が、フリーアナウンサーの加藤多佳子を脅迫して、逮捕されたというのが、22日の今日の取材で明らかとなったそうである。
そんな上條晃と加藤多佳子について、もう少し詳しいことをお伝えしていこうと思う。

 

 

上條晃が加藤多佳子を脅迫したことについて

さて、朝日新聞配達員の上條晃は、フリーアナウンサーの加藤多佳子を脅迫して逮捕されたという情報が先ほど速報として出回ってきたわけであるが、そんな上條晃は日本テレビの意見募集の欄に「週末に加藤多佳子の所に行ってこ◯す」「汚い足を隠せないみたいだからし◯でもらう」と言った事を言ったそうである(◯で隠した部分は、あまり良い表現ではないため、伏せさせて頂いている)

そんな加藤多佳子に対しての脅迫を上條晃は6回にわたって行っており、これは完全な脅迫だとして、日本テレビ側が警察に被害届を提出したところ、書き込み先のIPアドレスから「上條晃」が犯人であることが分かったそうである。
その後、朝日新聞配達員の上條晃は、速やかに逮捕されたそうである。
このことについて上條晃は「加藤多佳子のふしだらな服装がどうしても気に入らなかった」として、実際の容疑を認めているようである。

 

 

今回の上條晃のような悪質な書き込みについて

そして今回の上條晃のような、悪質な書き込みがされるという事件は、過去にも何度もあった。
恐らくこういう悪質な書き込みをする人たちは「ネット上では顔も見えないので何を言おうが大丈夫だ」と思っているのかもしれない。しかし、今回の上條晃の件のように、パソコンや携帯にはIPアドレスなるものがあって、これはいわば家の住所のようなものなのである。もちろん住所が分かれば家に行くことも出来るだろう。それと同じでIPアドレスが分かれば、書き込んだ先がどこなのかということを特定できるのである。

もし、今回のような悪質な書き込みをして、その書き込みに対してかなり悪質であると判断されて、被害届を出された場合は、今回のように逮捕されるケースもあるというわけである。
今回の上条晃の書き込みは、自分が感じた感情をダイレクトにぶつけすぎたがゆえに、今回の逮捕につながったと言えるであろう。
誰かが発信した情報に対して、反対意見や批判があるのは当たり前なので、そういう点に関しては、別にどのように批判しようが、それは個人の意見なので発言はある程度限度を守れば自由なのである。

しかし、今回の上條晃の件に関しては、何かの情報に対しての批判意見でも何でもなく「一方的な悪口」ということになる。そして、今回の悪口と言うのは、今後の加藤多佳子のフリーアナウンサーとしての活動を妨げるような行為であると判断されたために、逮捕されてしまったのだと、判断できる。
実際に書き込みの内容を確認して頂くと分かるのだが、その発言をされたら今後アナウンサーとしての仕事もかなりやりづらくなるかと思うし、何より普通の生活にも支障がでてしまうわけである。

ということで、今回の件から学べることは「相手の悪口を安易に書き込むことは、自分も良い気持ちではないし、最悪逮捕されてしまう。そして、言われた相手側の精神的負担もかなり大きい」ということである。要するに、誰も良いことは無いということが分かるだろう。
どうせ同じ書き込みをするならば、お互いにとってプラスになるような書き込みをする方がよっぽどお互いの為になるし、賢明なのではないかと、今回の上條晃の件で、そのような事を学べるかと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top