EAT-MEN

Read Article

上村遼太の親は「何か様子がおかしい」と密かに異変に気付いていたことが判明


上村遼太についてだが、まだ上村遼太を殺害した犯人は見つかっておらず、現在も捜査中とのことだが、そんな上村遼太の親が実は上村遼太のある異変に気づいていたそうだが、そんな親が気づいていた異変について、今回はお伝えしていこうと思う。

 

 

上村遼太の親が気づいていたある異変についての前に

さて、上村遼太の親が、上村遼太のある異変に気づいていたということについてだが、そもそもどのような異変であったのかということについてお伝えする前に、今回の事件の今現在の状況や概要を簡単にお伝えしていこうと思う。
今現在の状況として、上村遼太が殺害されてしまった、と。殺害されてしまった場所は多摩川河川敷にて殺害されており、上村遼太の首や腕など、全身から無数の切り傷が残っていたということである。

このことから、上村遼太は殺害された可能性があると見ていて、今現在色々捜索している最中だそうだが、その中で分かっていることは、どうやら凶器はカッターナイフだったのではないか?ということである。
これは上村遼太の殺害された状況などから分かったそうである。そしてなんと多摩川河川敷のところに結束バンドが落ちていたそうで、この結束バンドで犯人はどうやら上村遼太を拘束していたとみられるものだ。
と言うのが、現在上村遼太に関して分かっていることである。

 

 

上村遼太の親がある異変に気づいていたことについて

さて、上村遼太の親が、実はある異変に気づいていたということについてお伝えしていこうと思うのだが、親が気づいていたある異変とは「上村遼太がいじめにあっているのではないか」という異変である。
これに関して、まあ上村遼太の異変に気付くのはこれからの話を聞けば当たり前っちゃ当たり前だと思うのだが、上村遼太は今年の1月からなんと学校を全欠席しているようである。

自分の息子が全欠席しているのは、さすがにおかしいと母親は気が付いていたはずだ。これが、母親が気づいていたある異変についてである。
そもそも、上村遼太は小学6年の時に島根県から転校してきていたそうである。転校してきてからは学校のクラスで馴染めなかったという情報も入ってきている。
そしてさらに上村遼太は欠席するまでは凄くまじめな子供だったそうで、欠席はもちろん遅刻もせずに、さらに部活も頑張っていたという、比較的真面目な少年だったようだ。

ところが、1月に突然不登校になってしまった、ということだ。これは一体どうしてなのかを考えてみると、実は不登校になる少し前から、上村遼太はバスケ部を通じて、上級生の先輩と良くつるむようになったそうである。
それからしばらくして不登校になってしまったとの事なので、これらから考えると「いじめられていたんじゃないか」と言うのが必然的に分かるかと思う。

上村遼太の親はいじめに気付いていた

そして上村遼太の親は、そんな上村遼太のいじめに気付いていただろうと考えられる。
恐らく不登校になる前や、なった後なども学校から色々報告があったと考えられるからだ。
それによって、親はいじめられているのを悟っていたかとは思うが、実際どうすれば良いのか分からず、そのままそっとすることを選択したのかもしれない。

そして決定的なのが、上村遼太がアザを付けて帰ってきたことがあるということである。ここまで異変があって、親が気づかない訳がないのである。
そしてもし、不登校になっている時点で、親が上村遼太の相談に無理やりにでものったり、そして夜中に外へ出るのに気づいて止めてあげたりしていれば、また状況は変わっていたかもしれないであろう。
今回の事件、まだ犯人は捕まっていないが、早く捕まって、罪を償ってほしいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top