EAT-MEN

Read Article

坂東三津五郎 現在死亡が確認された


坂東三津五郎は歌舞伎俳優として活躍していたが、そんな坂東三津五郎が現在2月22日に、2月21日に亡くなったことが判明した。
坂東三津五郎は、一度ガンになった後、一度は回復したようだ。しかし、またしばらくしてまた再発してしまったという。
そんな現在死亡が発表された坂東三津五郎について、今回はお伝えしていこうと思う。

 

 

坂東三津五郎 現在確認できた死因はすい臓がんとの事

坂東三津五郎について、現在死亡が確認できたわけであるが、そんな坂東三津五郎の死因を確認したところ、どうやらすい臓がんだったようだ。そもそもすい臓がんとはどういった症状なのかを簡単に説明すると、まず症状として出る場合は、痛い場合と痛みが出ない場合とがあるから厄介である。
それでは症状が出る場合、主にどこが痛くなるのかということについて解説していくと、すい臓がんの場合は背中や腰が結構痛くなるそうである。

なぜ、背中や腰が痛くなるのかと言うとすい臓と言う臓器はもともと体の裏側に存在する臓器であり、裏側ということは背中側にすい臓があるということなので、すい臓が痛くなってしまうというわけなのである。
だがすい臓は胃の裏側に存在するため、お腹が痛くなることもあるため、胃腸炎と間違える人もいるそうだ。
そしてもし、すい臓自体に炎症が起こっている場合は、かなり強い不快な痛みが襲ってくるようである。
これを聞いただけですい臓がんがどれだけ痛くて苦しいものであるか、なんとなく想像できるかと思うが、そんなすい臓がんに坂東三津五郎はかかってしまったというわけである。

 

 

坂東三津五郎がかかったすい臓がんについて

そして、そんな痛くて辛いすい臓がんに坂東三津五郎はかかってしまったというわけであるが、そんなすい臓がんに一度過去にかかってしまって、それで一度は回復して完治したと思われたのだが、また半年ぐらい経ってから2度目のすい臓がんにかかってしまい、それから約半年後の2月21日に亡くなってしまったというわけである。
一回目のすい臓がんが発覚した時は、すぐに手術を実施して、その結果すい臓がんは一時は完治した状態となった。

だが、そこでもいつ再発するか分からないということで、出来るだけ再発しないように取り組んだことと言うのが「リゾート療法」と言われるものである。
リゾート療法と言うのは簡単に説明すると、リゾートのような環境に身を置くことである。もう少し詳しく説明すると、自然豊かな環境に身を置いて、そんな自然豊かな環境で海で自由に泳いだり、森林浴をしたり、魚釣りをしたり、ゴルフをしたり…という具合に自然豊かな環境で自分が好きな事をしてストレスを発散し、心身ともに健康状態にしていくという療法である。

そんな療法を実践していた甲斐があったのか、しばらくの間はすい臓がんの再発もなく、とても元気に生き生きしていたそうである。そんな調子だったので4月には舞台に復帰することも出来た。しかしそんな半年後ぐらいに医師からもう一度治療するように言われたそうである。
この時犯人はガンの再発ではないと言っていたが、現在分かった死因に関してはすい臓がんだったということが分かったため、すい臓がんの再発によるものだということが分かった。

坂東三津五郎は一時良くなっていたためこのまま大丈夫だと思っていたが、このような結果になってしまい、非常に残念である。
また坂東三津五郎の元気な姿を見たかったが、それも叶いそうにない。坂東三津五郎、どうかゆっくり眠っていただきたいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top