EAT-MEN

Read Article

坂東三津五郎 ふぐ中毒だったのか


坂東三津五郎がおとといの2月21日に死去してしまった事は、昨日のニュースっでかなり話題になっていたかと思うが、そんな坂東三津五郎を調べるとなぜかふぐという検索結果が出てくる。ふぐと坂東三津五郎の死とは何か関係があるのか?そんなふぐと坂東三津五郎の死について、真相を確かめてみるとともに、亡くなった原因についても追及していこうと思う。

 

 

坂東三津五郎 ふぐが原因で死去なのかどうか

さて、坂東三津五郎が昨日の速報で亡くなったことが発表されたが、そんな坂東三津五郎は ふぐで死去してしまったのか?ということが少し話題になっていますが、実際ニュースを見た方は分かるかと思うが、そんな事実は全くないということである。
それでは原因は何なのか?ということに関してだが、その原因としてはすい臓がんだったということが言える。坂東三津五郎は、以前にも一度すい臓がんにかかっていたそうだ。

では、なぜ坂東三津五郎を検索した時に、ふぐという検索結果が出てくるのか?ということについてですが、確かに、坂東三津五郎がふぐの中毒で亡くなっているということは、嘘ではないということである。
ますます意味が分からないかと思うが、今回亡くなった坂東三津五郎は、10代目の坂東三津五郎である。

そして、ふぐの中毒で亡くなったとされる人物が、8代目の坂東三津五郎の事である。
この8代目のふぐで中毒を起こしてなくなってしまった、8代目坂東三津五郎についてもとても有名な死因だったため、今回坂東三津五郎で検索すると、ふぐが候補に挙がってきていたということが考えられるのである。これが、坂東三津五郎とふぐの真相だ。

 

 

坂東三津五郎 すい臓がんが死因だった

坂東三津五郎は以前にも一度すい臓がんを報告していたそうであるが、その時はすい臓の周辺のがん細胞を摘出する手術を行い、その時は無事、すい臓がんの手術は成功し、一時期は体調も回復していたそうである。
だが、再発の恐れも否めなかったため、坂東三津五郎は【リゾート療法】と言う療法を取り入れていたそうである。
ちなみにリゾート療法と言うのは、凄く簡単に説明すると「リゾートで過ごすような感覚で過ごす」ということである。

これをさらに詳しく解説すると、例えば沖縄などの自然が多い自然豊かなところに行き、そこで釣りをしたり、スキューバダイビングをしたりして、自分の好きな事をしながら、心身ともに回復していこうという療法である。
この両方を実践していたというだけあり、3月ごろにはだいぶ回復してきたのであろう。4月からは舞台復帰も実現させたようである。

ところがその5か月後の9月の事であるが、坂東三津五郎は医師に「もう一度治療の必要がある」と言う風に言われてしまい、再び治療に専念することにしたそうだ。
この時坂東三津五郎は「ガンが再発したのではない」ということを言っていたそうだが、おとといの2月20日には、死因がすい臓がんと発表されたことから、9月の再治療の段階ではやはり「ガンの再発であった」ということが考えられる。

ちなみに死因はすい臓がんで死亡と言う風になっているが、状況的にはすい臓がんのガンが、肺に転移してしまったということがきっかけであるようだ。なので、本当の所はすい臓がんの肺による転移で亡くなってしまったということが言えるだろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top