EAT-MEN

Read Article

上村遼太 犯人の親が「少しおかしいんじゃないか」とネット上で物議


上村遼太の犯人の親の職業について、現在話題があつまっている。
上村遼太の犯人の親の職業もそうだが、父親についてもちょっとおかしいという噂がたっているため、上村遼太の犯人の父親についても、詳しくお伝えしようと思う。

 

 

上村遼太の犯人の父親が狂っていた

上村遼太が殺害される事件からすでに1週間は経過しようとしているのだが、そんな上村遼太の犯人の父親について最近、最新の情報をお手に入れる事が出来たため、上村遼太の犯人の父親について、お伝えしようと思う。
上村遼太の犯人の父親は、については、子供の性格や様子を見ていると、おおかた想像がつくのだが、そんな上村遼太の犯人については、今現在は18歳だという情報が入ってきている。

犯人は川崎市の定時制の高校に通っているそうだが、学校自体にはほとんど出席していないそうである。
仮にこの犯人をBとすると、Bは8人グループの中のリーダー格と言われているそうだ。そんなリーダー格のBやそのグループは、子供たちの間ではかなり恐れられていたそうである。
そんな上村遼太の犯人Bの家は、上村遼太の犯人Bのグループ仲間が頻繁に出入りしていたそうである。

頻繁に出入りしていたというだけあって、上村遼太の犯人Bの家について「うるさい」と、苦情になっていたそうである。
そんな上村遼太の犯人の事を聞くと、上村遼太の犯人の父親は、とんでもない人物なんだということが大体想像がつくだろうと思う。子供たち皆から恐れられているグループの仲間の家の出入りを、普通に許していたり、恐らく色々悪さをしていることにも気づいていただろうと思われるが、そんな状態の上村遼太の犯人Bを放置していたと思われる。

何をやっても親から怒られない上村遼太の犯人Bは、調子に乗って色々やらかしてしまい、それがエスカレートして、やってはいけないことにまで、走ってしまったのではないかと思われる。
それが今回起こってしまった、上村遼太の殺害の事件である。そして、ここからが上村遼太の犯人の父親が狂っていると思われる証言なのだが「今、弁護士を頼んでいる。いずれ真相が分かるから」などと言っているそうだ。

 

 

上村遼太の犯人の父親がおかしい

上村遼太の犯人の父親が弁護士を頼んでいるということについて、かなり私は疑問を感じているのだが「まだ息子が犯人とも何とも特定されていない時に弁護士頼むという行為は、息子の罪を認めている」ということになるのではないかと思う。
本当に何もやっていないのであれば、その時点で弁護士を頼むなんて言う発想はしないはずである。今、弁護士を頼んだところで、余計に騒がれることになり、逆効果ではないのかと思うのだ。

この時点で、本当に子供の事を信じているのであれば、とりあえずは何も騒ぎ立てずに様子を見るのではないかと思う。
その後に、もし子供が犯人だという風に言われた時に、初めて弁護士を頼むのではないかと思う。まあ、何はともあれ、このような不自然な行為から、余計に上村遼太の犯人は、Bだという疑惑が湧いてきているのである。

上村遼太の犯人の父親の職業について

さて、ここからいよいよ上村遼太の犯人の父親の職業についてお伝えしていこうと思うが、上村遼太の犯人の父親の職業は「トラックの運転手」ということが言われている。
これは週刊誌にも載っていた情報で、まあ信ぴょう性は高いだろうと思われる。父親の犯人の職業がトラックの運転手だったということで、帰りなども比較的遅かったのではないかと考えられる。

その上、実は上村遼太の犯人の父親の妻が、以前に交通事故を起こしていて、現在は障害が残っているということから、犯人は余計に好き勝手出来る環境にいたと思われる。
トラックの運転手はとても素晴らしい職業なのだが、それが裏目に出てしまったのかもしれない。やはり帰りが遅いということは、子供にとっても大きいことだと思う。
今後はこのような事件が起こらないことを祈るばかりである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top