EAT-MEN

Read Article

9秒間滑り続ける男 YouTubeでなぜそうなったのかで話題に!

最近9秒間滑り続ける男がYouTubeで話題になっていてかなり面白い!
ということについて話題となっているが、そんな9秒間滑り続ける男のYouTubeでの動画もお伝えすると同時に、なぜそうなったのかを考えていこうと思う。

 

 

9秒間滑り続ける男のYouTubeについて

さて、9秒間滑り続ける男のYouTubeの動画が気になるという方も多いかと思うので、先に9秒間滑り続ける男のYouTubeの動画を公開したいと思う。

こちらからご覧ください

いかがだっただろうか?まず初めに思うことが「なぜそうなったw」ということだろう。
実際にネット上の声でも「何でこうなったんだw」「バランス感覚良すぎるだろw」という感じで噂になっていた。
私も興味本位でこの動画を見たのだが、本当になぜこうなったのかと思いつつも、一人で爆笑していた。
そこで、今回のYouTubeの動画で、なぜ9秒間滑り続ける男がこうなってしまったのかを考えていこうと思う。

9秒間滑り続ける男 YouTubeのような事態になぜなったかを考える

まだ9秒間滑り続ける男の余韻に浸っているかと思われるが、ここで「なぜ9秒間滑り続ける男が、YouTubeの動画のような事態になってしまったのか」というのを考えていこうと思う。
そもそも、スコップを持って雪かきをしている時に、少し転ぶ程度なら分かるのだが、実際9秒もバランスを保ちながら転ばずに保ち続ける事は、ほぼ奇跡に近いのである。

実は私も昔、スケートに行った時に中々転びそうで転ばなかったことがあるのだが、それでもあんな感じで2秒しか持たずにそのままダイレクトに転んでしまった。
今回、9秒も滑り続ける男がこんなに華麗に滑り続ける事が出来た理由として考えられるのが「スコップの使い方が神レベルだった」「自作自演だった」「最初に転びかけるときの角度やタイミングが絶妙だった」ということが考えられる。

 

 

9秒間滑り続ける男 なぜこうなった 3つの理由

まず、「スコップの使い方が神レベルだ」ということについてだが、転びかけるときのスコップの使い方に注目してほしいのだが、こんなに転ぼうとしているのにも関わらず、それでも雪かきが出来るようにスコップのすくう方を雪に刺して、それを支点にして回っていることが分かるかと思う。
これは、転びそうになりながらも懸命に雪かきをしようとした結果、上手いことスコップが雪の中にめり込んでいて、それを支店にして回り続ける事が出来ているというわけである。ここまで来ると、尊敬の念さえ感じる。

そして次に考えられるのが「自作自演」ということである。
なぜ自作自演だと考えられるのかということについは「母親が動画を撮るタイミンがあまりにも絶妙すぎる」ということである。
普通、息子が雪かきしている動画を撮ったりすらだろうか?恐らく雪かきの動画なんて普段はとらないと思う。と考えると、もしかしたら何度も面白い滑り方を実践して、一番面白い滑り方を採用した結果があの動画なのかもしれない。だとすると、よくぞここまで体を張って、私たちを笑わせくれたと言いたものである。
もし自作自演だとするならば、あの滑る作業はとても大変だったと思うので、とりあえずはゆっくり体を休めてほしいと思う。

そして最後に考えられる理由としては「滑る角度やタイミングが絶妙だった」ということである。
滑る瞬間の角度に注目してほしいのだが、斜め前35度ぐらいに傾きだしたのが滑り始めのスタートだということが分かる。
この角度は、少しは持ちこたえる余裕が出来る角度であると言えるだろう。その瞬間に瞬時にスコップを雪に刺して、そのスコップを支点にして転ぶのを防いだというわけである。
最近は暗い話題ばかりだったため、今回のような面白い話題もたまには良いなという風に思った。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top