EAT-MEN

Read Article

何もやる気が出ない時で 病気じゃなかった時の対処法

何もやる気が出ない時というのは、誰でもあるかもしれない。そして、病院で検査してもらったものの、病気でも何でもなかった。でも、なぜか何もやる気が起こらない時、こんな時はどうしたら再びやる気が出るようになるのか?
ということについて、私独自に色々検証してきた結果、特に効果があった方法を、紹介しようと思う。

 

 

何もやる気が出ない時 病気でもない時の対処法

さて、何もやる気が出ない時で、かつ病気でもない時に、再びやる気を出すには一体どうすれば良いのだろうか?
無理にやる気を出そうとしても、そんな時ってやはり何もやる気が出ないかと思う。
そんな時に、やる気が出る方法についてお伝えするが「えー、こんなことか」と、どうかガッカリしないでほしい。こんなことか、と思ってしまうかもしれないが、これが地味に一番効果があるのである。それではお伝えしていく事にしよう。

何もやる気が出ない時 早寝早起きを3日続ける

「なんだ、そんな事か」という声が聞こえてきそうだが、早寝早起きを甘く見てはいけない。実際に私も何もやる気が出ない時は、早寝早起きをしてみるのだ。この時のポイントとしては【眠れなくても良い】ということだ。
恐らく、いつもより早い時間に眠るということになると、ほぼ確実に眠れないかと思う。しかし、実際それで良いのである。例え眠れなくても、布団の中で目をつむっているだけで、十分に効果があるのである。

もしあなたが【毎日24時に寝ている】とすれば、それよりも1時間早い【23時に寝る】ようにしてほしい。そして、1時間早くいつもより起きるのだ。そして起きた後は必ず1分ほど外に出てほしい。
これをやっていただけると分かるのだが、最初の1日目はあまり変わらないし、むしろ疲れると思う。実は、この疲れるというのがポイントで、病気でもないのに何もやる気が出ないということは【今の生活リズムがマンネリ化してしまっている】ということである。

生活がマンネリ化してしまうということは、外部からの刺激がなくなり、感情があまり働かなくなってしまうという状態になってしまうわけである。そうなると必然的に体が怠くなってきて、それが何もやる気が出ない原因になってしまうというわけである。

そういう意味で、今回の早寝早起きで、体になれない事をさせて、体に刺激を与えてやる、というわけである。
なので、先ほどお伝えした方法を3日間続けてほしい。別にこれは3日間だけではなく、そもそも早寝早起きが良い習慣なため、ずっと続けてしまっても構わない。

 

 

何もやる気が出ない時 このスキルは 何にでも応用できる

病気以外で、何もやる気が出ない時について、先ほどは【早寝早起き】というのを例に挙げたかと思う。
しかし【別に早寝早起きでなくても良い】のである。先ほどの話から、感が良い方はもうお気づきかと思うが【生活がマンネリ化しているから、何もやる気が出ない】ということになるのである。
つまり、これは言い換えれば【普段の生活に、少しでも変化を取り入れてあげて、心地よいストレスを与えてやると、何もやる気が出ないということはほとんどなくなる】ということである。

つまり【普段の生活の中で、毎日何か少しでも良いので新しいことをしてみる】ということが大切なのである。
あなたが普段音楽を聞かないのであれば、10分だけ音楽を聞いてみたり、単純に利き手と逆で歯を磨いてみたり、そういう小さなことで構わないのである。

最近何もやる気が出ない人は、是非この概念を思い出して、毎日何か1つ、普段と違うことをやってみてほしい。それだけで何もやる気が出ない状態を打破することが出来るのだ。
現に、私の友人に試してもらったところ【ほぼ全員が何もやる気が出ない状態から脱することが出来た方法】なので、是非一度試してみてほしいと思う。

自分のコンディションを整えるということは、成功していく上で欠かせない概念なので、自分のやる気というのも、先ほどのスキルを応用して、是非コントロールできるようにしていってほしいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top