EAT-MEN

Read Article

精巣腫瘍は芸能人もかかっていた 週刊ポスト

精巣腫瘍について、ご存じだろうか?いわゆる精巣に出来る癌なのだが、そんな精巣腫瘍に芸能人である梅宮辰夫もかかっていたという過去があるそうだ。なぜ精巣腫瘍に芸能人もかかったということをお伝えするかというと、現在精巣腫瘍にかかる20~30代の男性が増えてきていることが分かったからである。
そこで今回は、そんな精巣腫瘍について一体どんな病気でどんな症状が起こるのか?ということについてお伝えしていこうと思う。

 

 

精巣腫瘍 芸能人もかかった病気だった

精巣腫瘍とは、普通に日常生活を送っている人は「そんなの俺には関係ない。なんたってまだ若いし」ぐらいの認識ぐらいしか思っていない人もいるだろう。
ところが、精巣腫瘍の厄介な所が【20~30代の若い男性が比較的かかりやすい】ということである。これを聞いて少しビクッとした人もいるだろう。実際私もその間の年代に入っているので、とてもビクビクしていたのである。
では、そんな精巣腫瘍とは一体どんな病気で、そしてどんな症状なのか?芸能人の梅宮辰夫を例に、お伝えしていこうと思う。

精巣腫瘍の症状について

そもそも精巣腫瘍とは何なのかということについて、芸能人の梅宮辰夫を例にお伝えしていこうと思うのだが、精巣腫瘍とは【精巣にできる腫瘍】である。いわゆるおできと思っていただいて構わない。
腫瘍が出来た場合、ほとんどの場合が悪性腫瘍(つまりガン)である可能性が高いそうである。ちなみに精巣腫瘍は、10万人に1~2人がかかると言われていて、確率的には結構まれで、珍しい病気であるが、決して他人事ではなく、最近は精巣腫瘍にかかる人が増えてきているため、注意が必要とのことだ。

そんな精巣腫瘍は、20~30代ぐらいの若い世代が、比較的かかりやすいと言われているガンだそうだ。
そして何より精巣腫瘍は信仰が早いことが特徴で、他の臓器に転移してしまうのが比較的早いため、何よりも大切なのは【早期発見】であるということだ。
実際、梅宮辰夫も、気づいた時は肺に転移していたそうなので、それだけ知らない間に進行するのが早いガンだと言える。それでは、精巣腫瘍の症状の現れ方については、どのような現れ方をするのだろうか。

 

 

精巣腫瘍 症状の現れ方について

精巣腫瘍というのはどんなものかというのはおおかた理解できたかと思う。それでは【精巣腫瘍が現れた時の症状の特徴】について次はお伝えしていこうと思う。
精巣腫瘍の症状の現れ方としては、実はこれが非常に厄介なのだが【熱もない、痛みもない】ということである。つまり、ハッキリと分かりやすい初期症状はないわけだが、ただ1つだけ症状があるとするならば【精巣の一部がある日突然ゴツゴツしている】という異変に気が付けるかどうかが、大切である。

だが実際は、例え精巣がゴツゴツしていることに気がついても「まあ、腫れてるだけだし、病院で見てもらうのも恥ずかしいし、いいや」と言って放っておいてしまうのが現状だそうだ。
そしてこのまま放っておくと、梅宮辰夫のように肺など、他の部位に転移して、完治する可能性が下がってしまうのである。ちなみに、最初の初期症状だけでガンが発覚した場合【9割以上】は完治するそうだ。しかし、放っておいて他の部位に転移してから治療するとなると完治する可能性が【7~8割】に下がってしまうそうである。

なので、もし日常生活を送っていて、少しでも精巣にゴツゴツしたようなものが発見されたり、何か違和感を感じた時は、すぐに検査を受けに行くことをおススメする。
特に最近の若い世代に増えてきているそうなので、普段から自分の精巣について、気を付けておいた方が良いと思われる。「恥ずかしいな」という風に思わず、すぐに病院に行くことで早期発見に繋がり、それが今後の自分の命を救うことになるのである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top