EAT-MEN

Read Article

中野信子 アスペルガーだった事が 今夜くらべてみました に出演で発覚

中野信子に対して、最近は話題に挙がってきているが、そんな中野信子はアスペルガーではないか?ということが最近話題となっているそうだ。中野信子が疑惑されているアスペルガーとはそもそもどのような症状なのか?ということについてもお伝えしていこうと思う。

 

 

中野信子 アスペルガーについて

中野信子のアスペルガーについてお伝えする前に、まずは中野信子について、知らない人も多いかと思うので、中野信子のアスペルガーの前に、プロフィールをお伝えしていこうと思う。

中野信子は1975年生まれで、東京出身だそうだ。そして身長は158㎝と平均的な高さで、職業としては、脳科学者、認知科学評論家、と言われている。
そして中野信子の大学卒業は、なんと東京大学だったそうである。そして東京大学の中でもかなり頭が良い方だったそうなので、中野信子はもともと天才であったと言えるだろう。

そんな中野信子は産まれたのは東京とお伝えしているが、実は中野信子が5歳の時に一度茨城県に引っ越ししているそうだ。
なので、小学校の6年間は、茨城県の小学校に行っていたということだそうだ。そして、中学と高校に関しては、なぜか情報が無いのである。何か言えない訳でもあるのかもしれないが、いずれにせよ【茨城の学校か、東京の学校であった】ということは間違いなさそうである。

そして中野信子は大学に行って、それから大学院を卒業後に【フランスの原子力庁サクレー研究所】という所に勤めていたそうである。ここは源司両区と書いてあるが、実際には脳科学について研究している所であったそうだ。
中野信子は脳や心理学の中でも特に【恋愛】に関してが得意だということだそうで、その他には【音楽や言語】なども得意としているようである。

 

 

中野信子 アスペルガーとは何か

そして、中野信子の事がだいぶわかったところで、いよいよ中野信子のアスペルガーとはどのような症状だったのか?ということについて、お伝えしたいと思う。
先ほども申した通り、
中野信子は【天才科学者】として、脳の研究(ドーパミンなど)を行っていて、今注目されている人気の学者だそうだ。

そんな中野信子は【キャラクターがアスペルガー】だとしても有名だそうである。そもそもアスペルガーとはなんだ?ということに関してだが、アスペルガーを簡単に説明すると【非合理的な人間】という風に言われているそうだ。
例えば、電車で頭がツルツルなおじさんがいたとして、普通は心の中にとどめておくだけで、口には出さないが、アスペルガーと言われている人は「あ、ツルツルのおじさんだ」という風に、思った事をそのまま口に出してしまったりするのである。

中野信子も、そんな特徴を持った典型的なアスペルガーだったそうで、中野信子が小学生のころ、昔から天才と言われていたため、もちろんテストでも100点ばかり取っていたそうだ。だが、他の人はそうもいかず、なかなか100点なんて取れないのである。そんな人たちに対して、小学校の時の中野信子は「なんで100点を撮れないの?」と、100点が取れない子に対して口に出して聞いてしまった事により、小学生時代の時は人間関係が最悪だったそうだ。

つまり思った事をそのまま口に出してしまったりするのだが、こう聞くと悪いことしかないように思うが、案外そうでもないのである。実質アスペルガーと呼ばれる人は【いわゆる天才】と言われる人がとても多いのである。名前は出せないが、昔に電球を作った偉人も、このアスペルガーだったそうである。
電球を作った人は何千回失敗したのにも関わらず、決してあきらめなかったということは有名であるが、つまりアスペルガーの人は「1つの事にのめりこむ才能」があると言えるのである。

ということで、中野信子も脳に関してとても興味を持ち、それを探求し続けていった結果、東大の中でもかなりの
ツワモノになったわけである。
そんな中野信子が3月3日の番組の【今夜くらべてみました】という番組に出演することが決まっている。中野信子は最近テレビでも有名になってきているため、今後もますます有名になっていくと予想される。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top