EAT-MEN

Read Article

川崎中1 加害者の犯人は舟橋だった!親の職業はトラックの運転手だそうだ


川崎中1の加害者の犯人は舟橋龍一であることがついに明かされたが、そんな舟橋龍一の親の職業はトラックの運転手だったそうである。そんな川崎中1の加害者の犯人、舟橋についてや、親の職業についてお伝えしていこうと思う。

 

 

川崎中1 加害者の犯人は舟橋だった事が確定

今まで、ずっと川崎中1の加害者の犯人は船橋だということが言われてきていたが、ついに、今回川崎中1の加害者の犯人が舟橋であることが確実であるということが分かった。
元々舟橋龍一は今回の川崎中1の事件がまだ進展しておらず、誰が犯人か分からない状況だった時に、Twitter上で突如「舟橋龍一という人が犯人だ」という、信ぴょう性が低い情報が流れたことがきっかけで、川崎中1の加害者の犯人は舟橋だったということが拡散されて、広まったのである。

そんな川崎中1の加害者の犯人の舟橋は、最近「俺がやった」というような、犯人であると認めるような供述をし始めたそうである。このことから、今回の川崎中1の加害者の犯人は舟橋であることが確定したわけだが、その現場にいた他の人にも事情聴取したところ、みんな口を揃えて「リーダーである舟橋がやった」という風に、供述していたそうである。
その共犯者の言い分によると「自分はやっていないが、舟橋がやっている所を見た」というようなニュアンスの供述を行っていたという。

だが、これに関しいてはほとんど嘘であると、私は思う。第一、よく考えれば分かるのだが、いくら小学生1人でも、一人であそこまで酷い犯行をするのは、実質不可能なのである。
川崎中1の少年は、今回の事件が起こる前に何度も殴られていたそうだが、そのきうっかけが「グループを抜ける」と言った事だったそうで、そういった瞬間に【川崎中1の少年が逃げられないように、5人ほどで取り囲み、そして2~3人で暴行を加えていた】ということだった。

この話からも考えられるように、川崎中1の少年に対する反抗は、いつも複数人で行っていたということが分かる。
なので、今回の事件も、川崎中1の少年が逃げられないようにするために、何人かで取り囲み、そして身動きが取れないように結束バンドで体を縛り、そして犯行に及んだのではないかと、現在は言われている。

 

 

川崎中1 加害者の犯人の舟橋の親の職業について

そして、川崎中1加害者の犯人の舟橋の親の職業についてだが、舟橋の親の職業は【トラックの運転手だった】ということである。
これは、様々な所や週刊誌などでも報じられているため、間違いないと思われるが、舟橋の父親の職業はトラックの運転手だったということである。
トラックの運転手だったということは、もちろん夜の帰りはとても遅かったものと考えられる。さらに、舟橋の父親の職業はトラックの運転手であることに対し、舟橋の母親は【過去に事故で障害者となってしまった】ということである。
ということは実質川崎中1加害者の犯人の船橋は、夜は好きにやりたい放題だったのではないかと言われている。

なので実際には川崎中1加害者の犯人の舟橋の家には、良く船橋のグループの仲間が頻繁に遊びに来ていたそうで、近所の人も迷惑していたという。
さらに、そんな船橋の父親は今回の事件に関して「犯人には事件相応の罰を受けてもらいたいと思う。息子はやっていない」という風に供述していたそうであるが、実際逮捕されたのは船橋自身であって、そして最近では舟橋自身も今回の川崎中1の殺害を認めだしているそうだ。

ということは、船橋の父親が言う通り【犯人には事件相応の罰を受けてもらいたい】と、私はそう思う。
ちなみに今回の事件の概要をまとめると【加害者の船橋らは、犯行前から川崎中1の少年を暴行していた】【殺害される直前、川崎中1の少年は、家族が傷つけられるのを恐れて、事件前はほぼ監禁状態だったということが判明】【そのため、川崎中1の少年が自宅に戻ると、その上級生たちが迎えに来たという】【今回の事件は、首を刃物で何度も刺され、木の棒で殴られ、草むらを引きずり回されて、ひざまずかせていた】【結束バンドで拘束していた】

これが今回の事件の概要となるわけだが、犯人の船橋らには、父親が言う通り、これ相応の罰を受けてもらうべきだろうと思う。
実際に父親もそのように言っているわけだから仕方がないし、今回の事件は本当に残虐性が高いため、十分に反省してほしいと思うが、今の所、舟橋やその他共犯者たちに反省の色が見られないため、反省するための出来るだけ重い処置をとってもらいたいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top