EAT-MEN

Read Article

大塚家具 長男の勝之の大学が、学歴や経歴の凄さを物語っていた!フライデーにも詳細が載っているようだ

大塚家具の家族内の内紛騒動について現在も話題となっていて、フライデーにも報じられているが、そんな大塚家具の長男の勝之の出身大学が、とんでもなく凄くて、それが学歴や経歴が凄いと言われている理由なのだが、一体大塚家具の長男の勝之の大学はどこの大学なのか?ということについてお伝えしたいと思う。

 

 

大塚家具 長男の勝之の大学が、学歴や経歴の凄さを物語っていたことについて

大塚家具の長男の勝之の大学が、凄く有名でエリートな大学だったそうだ。この大塚家具の長男の勝之の大学の情報については、現在はほとんど情報が無いそうなのだが、根気強く情報を収集していると、ついに大塚家具の長男の勝之の大学に関する情報が見つかったのである。その大学については、これから長男のプロフィールと同時にお伝えしたいと思う。

まずは大塚家具の長男の勝之の経歴についてだが、この長男の経歴がまたミステリアスな部分があるのである。
大塚家具の長男の勝之は、22歳の秋、平成4男の9月に、大塚家具に入社したそうで、大塚家具に入社して3年半後に、取締役になったそうである。そしてそのまま大塚家具の長男の勝之はこのままずっと大塚家具の取締役として頑張っていくと思われていた。ところがである。
平成20年の3月に【長男の勝之は突然会社を辞めていた】ということである。

なぜ大塚家具の長男の勝之が会社を辞めていたのかは謎だが、その3年後の平成23年に、再び大塚家具の顧問となっていたそうである。この空白の3年間は一体なんだったのか?それについても気になるところだが、詳しくは明日発売のフライデーに載っているかと思われるので、興味があれば是日買って頂きたいと思う。
私も今回のフライデーを購入し次第、こちらに追加記事として、お伝えしていきたいと思う。

 

 

大塚家具 長男の勝之の大学の学歴が判明した件について

そして、ここからがいよいよ【大塚家具長男の勝之の大学の学歴】になるわけだが、この情報はあくまで少ない情報の中から何とか見つけ出したものなので、信ぴょう性には少し欠けるかもしれないが、可能性としては十分に考えられるだろう。
そんな大塚家具長男の勝之の大学については【東京大学法学部】だったそうである。これを見た瞬間「え、長男って東京大学の法学部を卒業していたのか!」と、かなりびっくりしてしまった。

それは、大塚家具の創業者の代表取締役の会長、大塚勝久も長男に後を継がせようとしたわけである。ということで、学歴に関しても、東京大学の法学部ということになる。
信ぴょう性は少し低いが、もしこれが本当であるとするならば、長男の勝之が味方になっている会長は、今後有利な展開になってくるかもしれないが、しかし、お客さんからの観点で考えると「もう少しお手軽に大塚家具の商品を買いたい」というニーズの方が強いと思われるので、そういう意味では、今回の家族内紛は【長女の大床久美子社長】の方が、有利になるという可能性は高いだろう。

今回こんなに大塚家具の騒動が話題となっているのは【最初は会長と長女の争いだったが、次第に家族間を二分割する、泥沼の展開】になっていることから、今回大塚家具の騒動が話題となっているようだ。
そんな大塚家具の株主総会が【3月27日】に行なわれるということで、この株主総会までは、しばらく大塚家具について、話題になっていることだろう。
また、何か新しいことが分かれば、随時記事を更新していこうと思う。

大塚家具にとって一番ベストな方法を考えてみた

そして最後に追加でお伝えしておこうと思うが【そもそも、大塚家具にとって一番良いベスト解決策は何なのか?】ということについて、私なりに考えてみたが、今回の内紛の原因は【大塚家具の会長と、社長の長女の経営理念の違い】によるものがキッカケであると思う。
だとするならば、解決策として一番良い方法は【会長と長女の2人の意見から、二人が納得する意見を出し合っていく】ということが、家族にとっても、そして大塚家具にとっても、さらにお客さんにとっても、一番ベストな方法なのではないかと思うのである。

長女の行動力や、新しいアイデアを生かして、新たな経営戦略を立てていくのはもちろんの事、その上で今までやってきた会長の戦略と何か結びつけられるような事を考えていければ、一番それが家族にとって、そして社員にとって、ひいてはお客さんにとって、ベストな解決策になるのではないかと思うし、この家族がみんなで協力できれば、とんでもないものが生み出せるのではないかと思うのだが、今回それが悪い方向に勝たぬいてしまっていることが残念である。

補足…ちなみに長男は芸術大学卒業ということが分かった。東京大学ではなかったので、こちらにて間違いを訂正させて頂く。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top