EAT-MEN

Read Article

愛川欽也は今現在病気でボケが進行しているのが、嫁が旦那の浮気を怒らない理由なのか


愛川欽也は「アド街ック天国」などでとても有名な方であるが、そんな愛川欽也は今現在「病気ではないのか?」ということがネット上で話題になっているのだ。曽於市手愛川欽也は今現在病気だから、嫁は愛川欽也が浮気しても一切怒らないんじゃないか?というようなことまで言われているわけだが、その真相について、今回はお伝えしていこうと思う。

 

 

愛川欽也は今現在病気でボケが進行しているから、嫁は旦那が浮気しても怒らないのか

さて、愛川欽也は今現在病気でボケが進行していて、それが原因で嫁は旦那が浮気しても怒らないんじゃないか?なんていうことが騒がれているわけだが、その真相についてお伝えする前に、まずは愛川欽也のプロフィールをお伝えしたいと思う。
愛川欽也は本名は【井川敏明】と言い、愛川欽也とはいわばあだ名のようなものである。そして生年月日は1934年6月25日生まれで、東京の豊島区巣鴨の出身である。

職業としては主に俳優や声優として活躍しており、ジャンルとしては、アド街ック天国などの番組を長年務めていたりしたが、今朝のニュースでいきなり番組を降板するということが速報で入ってきていた。
愛川欽也は現在80歳なので、ここまでよく頑張ってこられたなという風に思う。普通定年と言えば60歳なので、愛川欽也はさらに20年働いていたということになるのだ。本当に凄いことである。

そして愛川欽也には、現在嫁がいるのだが、その女性の名前は、かの有名な【うつみ宮土理】である。
今の嫁と結婚する前は、愛川欽也は別の一般人女性と結婚していて、その元妻との間には子供が2人出来ていたそうである。そのうちの子供1人は、【井川晃一】と言い、実は愛川欽也と息子の井川晃一は【西村京太郎トラベルミステリー】という刑事ドラマでなんと【親子一緒に競演していた】という事実が発覚したのである。
まさか、愛川欽也の元妻との子供と共演しているとは思わなかったので、これは驚きである。

 

 

愛川欽也は今現在病気で、ボケが進行しているという噂が

そんな愛川欽也だが、現在愛川欽也は「病気なんじゃないか?」という風に密かにささやかれているようである。
しかもその病気が【ボケ】という風に言われており、ボケの病気原因で、番組を降板したんじゃないか?
という風にネット上では話題になっていた。
これについて実際に愛川欽也はボケになっているのかについて、色々情報を見てみたが【愛川欽也がボケの病気だという事実はない】ということになる。

なぜ愛川欽也が病気だと言われるようになったのかと言えば、原因はどうやら【アド街ック天国】での出来事にあるようだ。
愛川欽也がこの間からずっと【タイトルコールとそうだねーという相槌しかうっていない】ということで、話題になっていた時があり、そんな時に「愛川欽也は今現在病気なんじゃないか?」ということが騒がれていたようである。
なので、信ぴょう性はあまりないのだが、今の所そのような話は本人や身内からは噂になっていないため、そのような事実は現在はないと言っても良いだろう。

愛川欽也の病気のせいで、嫁が旦那の浮気を全く怒らないのではなかった

ということは、冒頭でお伝えしていた【愛川欽也が病気だから、嫁は旦那が浮気をしても怒らない】というのは違うということになる。というのも、愛川欽也には凄く面白いエピソードがあり、愛川欽也は2007年に一般女性と浮気していたそうである。
しかも驚きなのが【28歳の女性が相手だった】ということである。当時の愛川欽也が73歳だったため、なんと45歳年下の相手だったことが分かった。

普通、こんな浮気をしたら、嫁は怒りそうなものだが、愛川欽也の嫁は違っていて「そんな若い子と浮気できるなんて、かっこいい」と、こんな衝撃発言をしていたそうだ。
怒るどこかむしろ喜んでいたのである。愛川欽也の嫁は「こんなに自由な夫婦はいないから、私たちは幸せだ。そして
今も夫の愛川欽也の事は大好きです」

ということを言っていたそうである。これを聞いて私は「これぞ、理想の夫婦だな」と思いました。
完全にお互いを信用しあっている感じが、本当に二人の愛を感じるというか、これが本来あるべき夫婦のあり方なのかと思った。
ということで、これが愛川欽也と今現在の病気のボケの真相と、嫁の関係である。愛川欽也、これからも夫婦で末永くお幸せになって欲しいものである。

速報追記であるが、アド街ック天国に出るのが今回が最後という風に言っていたが、実際最後ではなかったそうだ。
番組降板ではなく【番組を一時休止する】ということだったそうだ。一時は番組降板という情報が流れていたため、それはガセだったということになる。
本当にスポニチには毎度毎度お騒がせさせられる。何はともあれ、これからも愛川欽也には頑張っていただきたいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top