EAT-MEN

Read Article

トーニャハーディングの今現在は激太りで、それはある事件が原因だった。今では自給500円の草むしりをしているそうだ

トーニャハーディングは、【爆報!THEフライデー】という番組で、出演することが決まっているわけだが、そんなトーニャハーディングは今現在はなんと激太りしているそうで、それはある事件がきっかけだったそうであるが、トーニャハーディングが今現在激太りしてしまったある事件とは、一体何だったのか?ということについて、今回は詳しくお伝えしていこうと思う。

 

 

トーニャハーディングの今現在は激太りな件について

トーニャハーディングについては、今現在は激太りになっていると、爆報!THEフライデーにて話題となっているのである程度どんな人かは知っているかと思うが、それでも基本的なトーニャハーディングについての情報は分からない人が多いかと思うので、ここで簡単なプロフィールについてお伝えしていこうと思う。
トーニャハーディングは、1970年生まれで、出身はアメリカのオレゴン州で、身長は155㎝と、意外と低めの身長のようである。

そんなトーニャハーディングはアメリカオレゴン州の元フィギュアスケートの選手だったそうで、トーニャハーディングは1991年の全米選手権にて【女子では二人目となるトリプルアクセルを決めた】という選手である。
この年の世界大会では、なんと2位だったそうだ。史上二人目となるトリプルアクセルの成功者として、アメリカではとても有名なスケート選手として名を挙げていたそうだ。

しかし、そうして注目されたことがプレッシャーとなったのか、その後はトーニャハーディングは不調で、次の年の大会では、4位という成績に終わったそうである。
だが、そんなトーニャハーディングだったが、1994年のオリンピックの出場権をかけた大会で、トーニャハーディングは優勝していたそうだ。やはり、トーニャハーディングはアメリカで期待の新人だ…と言われていたのだが、実はこの優勝にはとんでもない事件が裏に潜んでいたのである。

 

 

トーニャハーディングのその事件が、今現在激太りしてしまっている理由と関係があるのかという件

そして、いよいよトーニャハーディングの事件と、今現在の激太りの関係性についてお伝えしていくわけだが、1994年の大会でトーニャハーディングは優勝したという事をお伝えしたと思う。所が、この優勝の裏には、とんでもない事件が潜んでいたと言われているのである。
実は、この大会にはトーニャハーディング以上に注目されていた選手がいて、その選手が【ナンシーケリガン】という選手であった。

ナンシーケリガンは、この大会の優勝候補と言われており、かなり期待されていたそうだ。ところがその大会がもうすぐ控えていたという時に、なんと【ナンシーケリガンが何者かに襲撃された】というのである。
具体的には、ナンシーケリガンは、足の膝を殴られて、一時的に足に致命傷を負い、大会に出られない事態に陥ったのである。
つまり【誰かに膝を殴られた】という事である。殴られた相手に関して、詳しく調べていたそうだが、その結果【トーニャハーディングの別れたばかりの夫がやった】という事が判明したそうである。

だが、このナンシーケリガンは凄くて、なんと驚異的な回復を見せ、そして【オリンピックで2位】という成績を獲得したのである。一方不正をしたと言われているトーニャハーディングは、オリンピックに出場するも、得意の3回転ジャンプでいきなり失敗し、失敗した瞬間に途中で演技をやめ、なんと突然泣き出したのである。
そして、ジャンプが失敗した理由を強調するかのように、シューズのひもがほどけている事を強調していたんもである。

ここまで来るとまさにネタであるが、この後再審が認められ、何とか演技を続けるも【結果は8位】という残念な結果に終わったのである。まさに絵にかいたような昔話的な展開である。
その後、スケートを辞め、なぜか歌手になって見たり、ボクシングをやってみたりたそうだが、全て失敗に終わっている。そりゃそうである。辞めた理由が、歌手は音痴だからという理由で、ボクシングは喘息だからということでやめたそうだ。

その後、実はスケート事件の時のナンシーと和解をして、そしてようやくフィギュアスケート選手として、再び活躍すると思われたまさにその時【トーニャハーディングがボーイフレンドに暴行した】というニュースが話題となり、完璧にフィギュアスケート会から姿を消したそうである。

トーニャハーディングの事件を知ると、悪いことは出来ないだろう

そんな自分勝手な生き方をした結果、何度もチャンスがあったのにも関わらず、今現在では【借金4000万を抱え、そして自給500円の草むしりのバイトをしている】ということである。
このことに関しての詳細は、今日のテレビにて放送されるので楽しみにして頂きたいのだが、この出来事で完全に吹っ切れたのか、現在ではトーニャハーディングはかなり激太りしてしまっているようだ。

ということで、そもそもだが、トーニャハーディングがフィギュアスケートであのような不正の事件を起こさなければ、現在もプロのフィギュアスケートの選手として、大いに活躍していたかもしれない。
悪いことをすると、ろくなことが無いということを、トーニャハーディングの人生から学び取ることが出来る。散々好き勝手した結果、どこからも信用されなくなり、最終的には食べることでストレスを発散し、そして激太りしてしまったのだろう。今後どうなるか分からないが、まだまだ波乱万丈な人生が続くことは間違いないだろう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top