EAT-MEN

Read Article

なかにし礼は 息子の兄の借金を肩代わりしていたが、そんな兄の為に一度だけ泣いてしまったエピソードがあった

なかにし礼が、先ほど速報で、がん再発の発表があった。またがん治療を行うのかと、とても不安そうだった。そんななかにし礼は、息子の兄の借金を肩代わりしていたという過去があるそうだが、一体どういうことなのか?なかにし礼の兄についてお伝えしていこうと思う。

 

 

 

 

なかにし礼は 息子の兄の借金を肩代わりしていたという噂について

さて、なかにし礼は、息子の兄の借金を肩代わりしていたという過去があるそうなのだが、これはネット上で一部で噂になっていたのだが、ここで一つ「ん?息子の兄?」と、疑問に思ったのである。
なかにし礼の息子に兄はいないのである。ということで、なかにし礼の息子の兄ではなく、単純になかにし礼の兄ということになる。なかにし礼の兄の借金を、なかにし礼が肩代わりしていたというが、これは本当なのだろうか?

実際に情報を収集した結果、借金の肩代わりについては【本当であった】と言えるだろう。
なかにし礼が兄の借金の肩代わりをしていたというのは分かった、と。では、なぜなかにし礼の兄の借金を肩代わりする羽目になってしまったのだろうか。
この話を聞くと、あなたはなかにし礼の兄の事が憎く思えるかもしれない。それぐらいなかにし礼に迷惑をかけていたということだが、詳細をお伝えしていこうと思う。

なかにし礼の兄の借金の肩代わりをしていた理由が、兄の事業の失敗が原因だった

さて、見出しを見ていただくと、あらかた原因の予想はついたかと思うが、なかにし礼が兄の借金の肩代わりをしていた理由は実は兄の事業の度重なる失敗から、肩代わりすることとなったのだが、これを聞いて「別に兄の借金なんて肩代わりする必要はないじゃないか」と、そう思うだろう。
しかし、そうもいかない事情があったのである。実はこの時【母が病気にかかっていた】ということである。半身不随である。そして、そんな母の病気を一生懸命看病してくれていたのが、兄嫁の存在なのである。

こういう関係から、兄と関係を断つわけにはいかず、かといって借金をそのままにしておくわけにもいかないため、仕方なくなかにし礼が借金を支払っていく事になったのである。
そして、なかにし礼は兄の借金が出来たばかりの当時は、自身が書いたシャンソンの訳詩で、何とか生活していけるぐらいの給料をもらっていたそうだ。

そしてあることがきっかけで、シャンソンの訳詩をやめて、歌謡曲の詞をオリジナルで書くようになったそうなのだが、それが大当たりで、いくつものヒットを生んだそうだ。
そしてシャンソンの訳詩の時代とは比べ物にならないほどの大金を手にするようになった訳だが、その大金、どこにいくかはご存じだろうか?そうなのである。

なかにし礼の兄の借金の返済】に全て当てられるのである。さらに酷いのは【返しても返しても、兄がさらに事業に投資して失敗して借金を作ってくる】ということである。
せっかく減ってきた借金も、この兄の行為により、全てパーとなってしまうのである。しかも、その時にもう自分では借りられなかったのか、なんと【なかにし礼の名義を勝手に使っていた】ということなのだ。

 

 

 

 

つまり、なかにし礼の兄がお金を借金していたのにも関わらず、なかにし礼が借金をしていたということになっていたのだ。これはいくら家族同士でも、今はもちろん、昔でも犯罪行為だったわけなのだが、そんな兄の事をなかにし礼は嫌いになっていたそうである。
なかにし礼の兄の昔の印象は【喧嘩が強く、アコーディオンを綺麗に弾きこなす、とてもおしゃれで頼れる兄】という印象だったそうだが、借金まみれだった当時【事業に失敗しては借金を繰り返す、破滅的な兄】という認識に変わっていったそうだ。

なかにし礼の兄の為に一度だけ泣いてしまった

そんな、なかにし礼は、母が亡くなってしまうと同時に、兄と縁を切ったそうだ。
しかし、そんななかにし礼の兄が亡くなり、そんな兄の死に顔を見る気もなかったそうなのだが、当時の戦友から虚勢を張らなきゃ生きていけなかったということを聞かされ、ようやく兄の顔を見る事を決心するが、顔を見るまでは、やっぱり見たくないという気持ちが強かったそうである。

そして、いざ兄の顔を見た時、あんなに憎くて辛い思いをさせられた兄なのに、なんと自然と涙が出てきてしまったそうなのである。どれだけ苦しめられてきた兄でも、いざ本当にいなくなったと実感した時、やはり何か込み上げてくるものがあったのだろう。不思議と涙が出てきたそうである。
これが、なかにし礼とその兄との関係である。現在なかにし礼は、がんが再発してしまい、とても落ち込んだ様子であるが、なかにし礼は一度ガンを克服しているそうである。

しかも抗がん剤を使わず、陽子線治療と呼ばれる治療で克服したそうである。
なので今回も抗がん剤は使わないと思われるし、むしろ使いたくないと、本人は思っているようなので、また何らかの方法で、再びがんを克服し、また元気な姿を見せてほしいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top