EAT-MEN

Read Article

スマホ離婚の意味は中毒になったりロックなどが原因で 嫁や旦那などの夫婦仲に亀裂が走る事だった

今現在、スマホ離婚という言葉が話題に挙がっている。そもそもスマホ離婚とは何か?スマホ離婚の意味についてだが、先に簡単にお伝えしておくと、スマホ依存で中毒になったり、こまめにスマホにロックをかけていたりすることで、嫁や旦那などの夫婦仲が悪くなり、結果、離婚に繋がってしまう、というわけである。
そんなスマホ離婚について、もう少し詳しくお伝えしていこうと思う。

 

 

スマホ離婚の意味は、依存しすぎて中毒になって嫁や旦那などの夫婦を雑に扱ってしまうのが原因の1つだった

今現在、スマホ離婚という言葉が流行りになっているが「そもそもスマホ離婚の意味って何か?」と疑問に思っている方もいるかもしれないが、スマホ離婚の原因の1つとして【依存しすぎて中毒となってしまう】ということが挙げられる。
なぜ、依存してスマホ中毒になることが、旦那屋嫁の夫婦の離婚に繋がってしまうのか?ということについてだが、あなたはこんな経験はないだろうか。

あなたは先日、新しくスマホを買った。今まではガラケーだったため、スマホを使うのは初めてで、どのような機能があるのか、とても楽しみだった。そして、いざスマホをやってみると、YouTubeで動画が見れたり、アプリというスマホ専用のゲームが出来たりと、もはや経緯体の息を超えた、暇つぶしにぴったりのツールであった。
そんなあなたは、最近スマホの扱いにも慣れてきて、様々なアプリをダウンロードしたり、動画を見たりして遊んでいた。

いつしか、スマホがポケットやカバンに入っていないと落ち着かない衝動に駆られてしまい、昔は嫁や家族と良く会話していたのにも関わらず、最近では「スマホがしたい!」という衝動にかられ、家族との会話もそっちのけで、アプリなどに集中するようになった。いつしかそんなスマホが原因で、嫁や家族が何かあなたに言っても「うん、そうだね」と、うわべだけの返事しか返さなくなり、すぐにスマホに視線が戻る。

そしてスマホをし過ぎる事によって、段々短期になってきて、ちょっとしたことでもイライラするようになり、嫁はそんなあなたの姿を見て、段々嫌気がさしてきた。
そしてとうとうそんな生活に嫁が耐え切れなくなり、ある日突然「もう無理。あなたとはやっていけない。離婚しましょう」という、離婚宣言を受けてしまい、結局離婚することとなった。

 

 

スマホ離婚の原因はロックを書けている事からも始まるそうだ

先ほどのエピソードを聞いて「なんだ、少し大げさじゃないのか?」というう風に思ったかもしれない。
しかし、これが1年、2年続くと考えたら、どのような気持ちになるかということを考えてほしい。一週間とかならまだ何とか許せるかもしれないが、それが積み重なっていって、ある日突然溜めていた感情が爆発してしまうのだ。
それが結果的に【夫婦の離婚】に繋がり、結果的に【スマホ離婚】と言われているのである。

この、スマホ離婚のもう1つの理由に【スマホにロックをかけている】ということが挙げられるだろう。
想像して欲しいのだが、あなたが付き合っている、もしくは結婚している相手がいるとして、嫁なら旦那の、旦那なら嫁のスマホに、常にロックがかかっている、と。
そうすると、あなたはどう感じてしまうだろうか?恐らく「何でいつもロックにしているんだ。ロックにしているということは、何かやましいことがあるのではないだろうか?」

このような思考に陥るのではないだろうか?そして人間は不思議で、一度悪いように考えだしたらどんどん悪い方向へ考えていってしまい、そして「浮気しているのでは?」「不倫相手がいるのでは?」「写真にやましい写真が入ってるんじゃないか?」「ほかの異性とメールのやり取りをしているんじゃないか?」
と、気になって気になって、仕方なくなるのである。そして気になったとしても直接相手に「何でスマホロックにしてるの?」という風にも聞けないのである。

なので自分の中にどんどん気になって仕方がないという感情が溜まっていき、その感情に耐え切れなくなって爆発すると、ある日突然「あなた、浮気してるでしょ?」などといきなり唐突に聞かれたりして、それが原因で離婚することになってしまったりするのである。これが、スマホ離婚の真相である。
スマホは、上手く使えば生活を豊かに、そして便利にしてくれるツールとなるが、あまり過度に依存して中毒にまでなってしまうと【スマホ離婚】というものに繋がってしまうのである。

スマホ離婚なんてことにならないためにも、家族や嫁の前ではスマホを少し控えたりして、お互いコミュニケーションをとる習慣を少しでもつける事により、スマホ離婚という最悪のケースも免れるようになるのではないだろうか。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top