EAT-MEN

Read Article

群馬大学病院 執刀医の須納瀬豊の経歴や出身大学に 家族も驚きを隠せないようだ


群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊(名前の読み方は すのせゆたか)の経歴や出身大学について、家族や患者が衝撃を受けているわけだが、今回はそんな群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊についての経歴や出身大学についてお伝えしていこうと思う。

 

 

群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊の経歴や出身大学が 衝撃的で話題になっている

さて、ここからは群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊の経歴や出身大学についてお伝えしていこうと思うが、その前にそもそも「須納瀬豊って誰だ?」という方が多いかと思うので、先に須納瀬豊の簡単なプロフィールについてお伝えしていこうと思う。
群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊は、1993年に群馬大学を卒業していて、その時点で医師免許を習得している。そして2004年には、かなり名誉のある賞を取られていて、医師の中ではかなり優秀な医師であると言われていた。

ところが、そんな須納瀬豊に【度重なる医療ミスや医療事故】が発覚しており、これが発覚したことにより、現在では大問題となっているのである。
しかも今回の事件は民事責任ではなく【刑事責任】として責任を問われているのである。なぜ刑事責任に問われることとなったのか?ということについて、今からお伝えしていこうと思う。

 

 

群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊のある医療事件について

さて、この話をお伝えしてから、群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊の経歴や出身大学の詳細についてお伝えしていくが、この医療事件は【2010~2014年】に起こっていた出来事である。
簡単にお伝えすると、この期間になんと【18人の人に対して医療ミスが発覚している】ということである。
これを聞いた時「本当に名誉ある賞をもらった人物なのか?」と、少し疑問に思ってしまったのだが、この医療ミスについて簡単にお伝えしていく。

単刀直入に言うと、【腹腔鏡手術で8人、開腹手術で10人】の、計18人のミスが発覚したそうなのだ。これはプロの医者としては大問題なのではないだろうか。
1度のミスというのは、やってはいけないが仕方ないのかもしれない。しかし、須納瀬豊は違った。同じミスを18回も繰り返しているのである。これは医者としてというよりは、そもそもとして、同じミスをするということは、してはならないことだと思う。
これが、最近騒がれている、群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊の医療ミスの簡単な概要である。

群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊の経歴と出身大学に、家族は驚きを隠せないようだ

さて、ここからはいよいよ群馬大学病院の執刀医の須納瀬豊の経歴と出身大学についてお伝えしていくが、須納瀬豊は群馬大学病院で働いているというだけあって、もちろん群馬大学だったわけだが、群馬大学を卒業して医師免許をもらっているのにも関わらず【手術がとても下手だった】とおいう経歴が明らかとなったのである。
須納瀬豊が実際に手術をしている時の映像があるそうなのだが、プロから見ると【なぜこの手術をするのか?】というほど、手術が下手だったようだ。

にもかかわらず、腹腔鏡手術という、かなり難しい手術をして、何度も失敗したということが明らかとなっている。
そんな須納瀬豊にはさらに衝撃の経歴が発覚しており、それが【肝臓の専門ではなかったのにも関わらず、手術していた】という事実である。
これには私も本当に驚いた。この事実の背景には【重大な医師不足】というのも原因になっているのではないかと考えられている。

とは言っても、須納瀬豊の行為は【運転免許証を持っていないのに車を運転するようなもの】なのである。こんな先生に手術を任せた家族は、一体今どんな気持ちでいるのだろうか。考えただけでも胸が痛い。
さらにまだ衝撃の経歴があり【良性のがんを悪性と偽って手術して失敗させた】ということである。しかも須納瀬豊は患者に対してとても威圧的な態度だったそうで、ほぼ強制的に手術を受けさせられたという感じだったそうだ。

須納瀬豊のような事件から自分や家族の命を守るために 出来る事は何なのかについて

このような医療ミスは決して許されるものではない。なのでこれから私たちはこのような医療ミスによって大切な人を守るためにはどうすればよいか?ということについてだが【いくつもの病院を梯子する】というのが、一番良い対策となるだろう。こうすることで本当の症状というのが確実に分かってくるし、それによって手術しなくても助かる命というのもあるかもしれないのだ。

本当はまだ生きられた人を、医療ミスによって無くしてしまうのは、本当に悔やまれることだと思うので、病院選びは本当に慎重に行ってほしいと、私は今回の件でつくづく感じた。
良く考えれば【医者だって商売】なのである。そう考えると、悪徳な商売をするところも考えられるため、出来るだけ良心的な病院を見つけて、手術を受けることが大切なのである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top