EAT-MEN

Read Article

オウム真理教の麻原は 逮捕時から現在に至って まだ死刑が執行されていない理由は信者の存在にあった


オウム真理教とは?について、地下鉄サリン事件などが有名だが、そんなオウム真理教から20年の今、麻原は逮捕時から現在に至ってまだ死刑は執行されておらず、生き続けているということについて、テレビで特番をするようである。
あと1時間ほどで放送するそうなのだが、そんなオウム真理教の麻原は逮捕時から現在に至ってなぜ未だに死刑は執行されていないのか?ということについて、ネット上で言われていることを、私の考えを交えてお伝えしたいと思う。

 

 

オウム真理教の麻原が 逮捕時から現在に至って未だに死刑が執行されていない理由について

さて、オウム真理教の麻原の事件については、有名なので聞いたことはあるかもしれないが、今の若い世代の人は詳しい概要などは知らないかと思うので、ここで簡単に解説していくと、【オウム真理教の麻原が、日本を支配して王になることを空想し、それを現実化させようとして、様々な事件を起こした】ということである。
このためにオウム真理教の麻原が行った事件のうち、恐らくみんな知っているであろう、有名な事件というのが【地下鉄サリン事件】と言われるものである。

これは、麻原が率いる教団の捜査を邪魔するためと、首都圏を混乱させることを目的に、5両の地下鉄の車両に【サリン】と呼ばれるものをばらまき、12人の死者と、数千人にも及ぶ負傷者を出したという、なんとも許しがたい事件の事である。
その他にもオウム真理教の麻原は【坂本弁護士一家殺害事件】や【松本サリン事件】など、全部で3つの大きな事件を起こしたとして有名なのが、このオウム真理教の麻原なのである。

 

 

オウム真理教の麻原が現在も生き続け、死刑執行がされない理由について

さて、このオウム真理教の麻原の起こした事件についてだが、このような大きな事件を起こしたことにより、麻原は【死刑】という判決になっているのだが、なぜかまだ死刑が執行されていないのである。
一体なぜ死刑が執行されていないのか?その背景には様々な理由が考えられていると、ネット上でも言われている。
その中でも2つに絞って死刑が執行されていない理由をお伝えしていこうと思うが、まず1つ目の理由としては【オウム真理教の麻原は、精神疾患にかかっている】と言われているためである。

実は死刑執行に当たって【精神的に正常でない人は、死刑執行を行わない】ということが決まっているそうだ。
なので、今現在精神的におかしいと言われているオウム真理教の麻原は、死刑が執行されていないのでは?問われているのである。
確かに、今現在牢獄の中でのオウム真理教の麻原の様子がおかしいそうで【夜中に突然「うん、うん」と、相槌を打ち出し、そして突然笑い出したかと思えば、独り言を言い出したりしていたそうなのである

基本常に独り言を言っているそうで、そのような点から【オウム真理教の麻原は精神的に正常ではない】と判断されていて、結局死刑の執行が延期されていると言われているのだ。
そして、もう一つの理由が【オウム真理教の麻原の信者が非常に多い】ということである。数にしておおよそ【1500人以上の信者】がいるということなのである。

そして信者の中でも特に怖いのが【高学歴の集まりである】ということである。
オウム真理教の麻原の信者は、なぜか学歴が高い人が多いそうなのだ。東大だった人や、早稲田、京大だった人などが沢山いるのである。そんな人たちを残したまま、オウム真理教の麻原の死刑を執行してた場合【オウム真理教の麻原の信者が暴走する可能性がある】ということで、オウム真理教の麻原の死刑が執行されていないのでは?ということが言われている。

確かに、オウム真理教の麻原が死刑になるとなれば、信者が黙っていないだろう。
そうなると、死刑が執行された瞬間に、信者たちが集結して、とんでもない事件を起こす可能性も否めないため、下手すれば社会現象になりかねないため、慎重に事を進めているのであろう。
さらにオウム真理教についての詳しいことは、今日のテレビの放送で明らかとなるので、興味がある方は是非見ていただきたい。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top