EAT-MEN

Read Article

三笑亭夢丸 病気の中いん頭がんで亡くなったことが判明 落語家として笑点などでも活躍していた


三笑亭夢丸が、病気の中いん頭がんで亡くなっていたことが、先ほど速報にて判明した。
三笑亭夢丸は落語家として活躍していて、笑点などにも出ていた有名な方である。それだけに、世間では悲しみの声が沢山呟かれていた。そんな三笑亭夢丸がかかった病気の中いん頭がんとは、一体どのような病気でどのような症状なのか?ということについてお伝えしていこうと思う。

 

 

三笑亭夢丸もかかった 病気の中いん頭がんとは一体どんな症状なのかということについて

三笑亭夢丸もかかった、病気の中いん頭がんとは、一体どういった症状なのか?そのことについてお伝えしていく前に、まずは三笑亭夢丸がどのような人物だったのか?ということについてお伝えしていこうと思う。

三笑亭夢丸
本名 坂田 宏(さかた ひろし)
生年月日 1945年10月4日
没年月日 2015年3月7日(満69歳没)
出身地 日本・神奈川県横浜市
師匠 三笑亭夢楽
引用元:Wikipedia

これが三笑亭夢丸の簡単なプロフィールである。
三笑亭夢丸は、3月7日の今日、亡くなったことが発表されたが、そんな三笑亭夢丸は【落語芸術協会】の落語家であった。
身長は172㎝と、比較的大きい身長であったそうだ。血液型はA型で、なぜかガンで亡くなる方はA型の人が多い傾向があるが、何か関係があるのだろうか。

三笑亭夢丸は最初のころは【夢八】と名乗っていたそうである。だが、その3年後に今現在の【夢丸】に改名したというわけである。
確かに、夢八よりも夢丸の方が、しっくりくる感じはあるし、私的にも改名後の名前の方が好きである。
そんな三笑亭夢丸は【笑点にも出演していた】そうである。出演していたと言っても【笑点の座布団運び】として出演していたということである。

そんな三笑亭夢丸は、【ルックルックこんにちは】という、日本テレビ番組のリポーター役として、29年間勤めていたそうで、国内と外国を合わせて3000か所以上取材を行ってきたそうである。
そんな三笑亭夢丸は2010年に右鼻の違和感を感じたらしく、何かがおかしいと思い、病院で調べてもらったところ【中いん頭がん】であることが発覚したそうである。

 

 

三笑亭夢丸も病気でかかった 中いん頭がんの初期症状は 飲み込むときの異常である

三笑亭夢丸も病気でかかった、中いん頭がんとは一体どのようなものなのだろうか?ということについて今回はお伝えしていこうと思うが、中咽頭がんとは、を簡単に説明すると、【喉のあたりにがんが出来る】と言った状態が中いん頭がんと呼ばれるものである。
そんな中いんとうがんの初期症状は【食べ物や飲み物が飲み込みにくかったり、飲み込んだときに、しみたりする】という初期症状があるそうだ。

これを【ただの気のせいだろう】と思って放置していた場合、のどが痛くなって来たり、喋りにくくなって来たり、それ以上進むと耐えられないほどの痛みや、口が開けられない、出血などの症状が出るようである。
最初は【ただの風邪だろう】と思う人が多いようなので、この時点ですでにガンは進行している可能性があるのだ。

そんなガンにならないためには【食生活に気を付けたり、ストレスを溜めすぎないように工夫したり、しっかりと睡眠をとったり】というような、いわゆる生活習慣に気を付けていれば、ある程度は防げるということなので、最近生活習慣が乱れていると思った方は、この機会にぜひ見直してみてはどうかと思う。
ちなみに私も最近は生活習慣が乱れているため、気を付けていこうと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top