EAT-MEN

Read Article

北陸新幹線の料金が決定!東京~金沢の自由席は13600円で 1時間半も時間短縮に成功!

北陸新幹線の開通まで、残り一週間に迫っているわけだが、そんな北陸新幹線の料金が決定していることが分かった。
どうやら東京~金沢までの自由席は【13600円】で行けるそうである。東京~金沢までかなり時間短縮が期待できることで注目を集めているが、そんな北陸新幹線について、お伝えしていこうと思う。

 

 

北陸新幹線の料金が決定!東京~金沢へさらに手軽に行けるようになった

北陸新幹線は3月14日と、後一週間ほどで開通するわけだが、そんな北陸新幹線の料金が決定し、東京~金沢まで13600円で行けるということだ。
これは、前回よりもだいぶ時間が短縮される割には比較的安い料金ではないだろうか。私的には15000円は行くかと思ったのだが、意外に安かったのである。

そんな北陸新幹線の東京~金沢までの料金が安いという背景には、やはりこの業界で現在【東京から金沢行きの旅客者の奪い合い】が関係しているようである。
これについて詳しくお伝えすると、北陸新幹線は料金こそ、そこそこかかってしまうものの、比較的どのような交通機関よりも圧倒的に早く東京~金沢まで行く事が出来るというのが売りである。

しかし、この料金の設定をあまりにも高くしてしまうと「少し時間がかかっても、飛行機やバスで行こう」ということになってしまい、それでは本来転倒であることが分かる。
なので、出来るだけ旅客者を逃さないためにも、今回のように比較的料金を安くしたそうだ。
ただ、これ以上安くしてしまうと、北陸新幹線の方も割に合わないため【13600円】という、絶妙な金額設定にしたと思われる。

確かに、15000円を超えると、少し北陸新幹線の利用を考えてしまうが、13000円台と聞くと「じゃあ、圧倒的に早く行けるし、北陸新幹線で行こうかな」となる、ギリギリの料金かもしれない。
時間に投資する結果、この価格ならば、私は迷わず北陸新幹線を選ぶだろう。少しでも多く遊べるように、時間をお金で買うという視点は大切なのではないだろうか。

ちなみに東京~金沢まで、北陸新幹線で行ける時間についてだが、従来はどうしても4時間ほどかかってしまっていた。
ところが、今回の北陸新幹線の開通によって、なんと【最速で2時間28分】という時間で行けるようになるのだという。これは前と比べると、なんと1時間半ほど短縮出来ることになる。
これで、東京~金沢まで行くのに、かなりお手軽に行けるようになったと言えるだろう。

 

 

北陸新幹線の料金 東京~金沢、富山の料金を比較

北陸新幹線の料金で、東京~金沢の料金をお伝えしたが、先ほどの料金は普通車自由席の場合である。そこで次は普通車自由席以外の料金を、東京~富山とも比較してお伝えしていこうと思う。
普通車自由席…東京~金沢 13600  東京~富山 12210
普通車指定席…東京~金沢 14120  東京~富山 12730

そして、ここからはまだ正式に発表されていない【グリーン車とグランクラス】の届出予定の料金をご紹介したいと思う。
こちらは正式に決まり次第、また順次更新していこうと思う。
グリーン車…東京~金沢 18750  東京~富山 17360
グランクラス…東京~金沢 26970  東京~富山 25580
という風になる。

見ていただくとお分かりだと思うが、グランクラスだけ圧倒的な料金の高さだと思う。
普通車自由席の往復分ぐらいの料金なのである。これにはさすがに驚いたが、やはりそれだけ高いというだけあり、椅子なども【まるで高級なマッサージチェア】のような、見た目がフワフワしている椅子なのである。グランクラス、かなり値は張るが、一生に一度は乗ってみたいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top