EAT-MEN

Read Article

仁科仁美 結婚相手のはずだった米山久が「認知もする、養育費も出す、でも結婚しない」と 衝撃発言をした!

今現在、仁科仁美の妊娠や結婚騒動について騒がれているが、そんな仁科仁美の結婚相手だったはずの米山久が、なんと仁科仁美と結婚しないと言いだしたそうだ。これに対して仁科仁美の兄は米山久に怒りをぶつけたそうだが、今回はそんなありえない発言をしだした米山久について、お伝えしたいと思う。果たして、仁科仁美の結婚相手の予定だった米山久とは、一体どのような人物なのか。

 

 

仁科仁美 結婚相手の予定だった米山久は 年商150億円の超金持ちだった

仁科仁美の結婚相手の予定だった米山久について、今からお伝えしていこうと思う。まず、仁科仁美の結婚相手の予定だった米山久とは【東証一部上場企業のエービーカンパニーの代表取締役の社長】ということが分かっている。
これだけ聞くと何をしている人か良く分からないかと思うが、米山久は【塚田農場】という、居酒屋チェーン店を展開していることで有名である。

私も一度塚田農場に行ったことがあるのだが、初めての客には塚田農場の名刺をもらえて、塚田農場に行く度に、どんどん自分の肩書が上がっていって【例えば、1度行けば係長で、もう一度行けば課長】などと言うように、どんどん肩書が上がっていく仕組みなのだが、そのような仕組みを作ることによって、圧倒的なリピート客を増やしていく努力をした結果【リピート客は6割越え】と、かなりリピート率の高いチェーン店となっているのである。

これにより、米山久は【年商150億】を稼いでいると言われている。
そんな米山久は「食のあるべき姿を追求する」として、【カンブリア宮殿】や【ガイアの夜明け】にも取り上げられているそうだ。

 

 

仁科仁美 結婚相手の予定だった米山久のプロフィール

さて、そんな仁科仁美の結婚相手の予定だった米山久のプロフィールについて、もう少し紹介したいと思う。
米山久は1970年に東京で生まれだったそうで、高校を卒業してから3年間は役者を目指して劇団の研修生となり、その傍らフリーターと併用して頑張っていたそうだ。
その後は米山久は夢をあきらめてしまったのか、電話回線の販売代理店の営業として働くことになったそうだ。そして米山久は元々営業など、自分で何かをするという才能があったのだろう。

その後、米山久は電話回線の会社内で、営業のトップセールスマンに上り詰めたそうだ。
それから米山久は会社で培った営業スキルを生かして【ダーツバー、不動産業】など、その他にも様々な事業を展開していたそうである。このころからグングンとその才能を伸ばしていき、そして大成功を収めた【塚田農場】が完成したのである。
居酒屋チェーン以外にも様々な企業を展開してきた米山久は、仕事に関しては自分のこだわりなどを持っているだろう。

その代償として、仕事はかなり多忙であると考えられる。そんな時に仁科仁美と出会ったのであろう。
二人は六本木で手をつないでいる所を確認され、それを熱愛だと仁科仁美が認めたことで、仁科仁美と米山久の熱愛が発覚したのである。ところが、仁科仁美が妊娠すると、米山久はとんでもない発言をしたそうだ。
「認知はするし、養育費も払うが、結婚はしない」ということを発言したそうだ。

「妊娠させといてそれはないだろう」と、仁科仁美の兄が怒りだしたそうだが、米山久の結婚しないという意思は変わらないだろう。それならば、もっと早くから結婚する気は無かったことを伝えていれば良かったのではないかと思う。
確かに、言っていることは本当に酷いが、しかし、仁科仁美も社長と一緒に付き合うということは、こういうリスクもあるということを承知の上で付き合っていたのではないかと思う。

社長なので、やはり普段は仕事でかなり忙しいだろう。恐らく今は最も忙しい時期であると言えるだろう。
そんな時に仁科仁美の妊娠が発覚したため、もしこのまま結婚して子供を産むことになれば、仕事に費やす時間が少なくなると思ったのだろう。それでこのような発言をしたかと思われるが、仮にそうだったとしても「それなら最初から彼女を作らなければ良かったのではないか」と思うのである。

今回の件はどちらにせよ、米山久の方が悪いかと思うので、先ほどの米山久の発言は、もう少し冷静に米山久自身が考え直してみてほしいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top