EAT-MEN

Read Article

東北大震災 3.11 から4年 復興の為に歌を歌うアーティストたち 幽霊も癒されていることだろう

東北大震災(東日本大震災)からはや4年が経とうとしている。4年が経つわけだが、復興の状況は現在どうなっているのか?そして歌を歌い、復興を応援するアーティストたちや、幽霊についてもなぜか噂されるようになった訳だが、
それらの事について今回はお伝えしていこうと思う。

 

 

東北大震災 3.11から4年 復興状況の前に 当時の心境について再度お伝えする

さて、東北大震災(3.11)から早いものでもう4年が経とうとしている。もう4年も経つのかと思うと、月日が経つのはとても早いものだなと、びっくりしてしまうわけだが、そんな東北大震災が起こった時、当時は卒業式だった人も多かったのではないかと思う。
現に私も学生だったので、3.11はちょうどまさに卒業式の日だった。
なので、私の家族も私も、偶然家族みんながみんな家にいたタイミングで、ちょうど昼ご飯が食べ終わる頃蔵淫靡、今回の地震は起こった。

私は関西出身で、その時も関西に住んでいたため、東北大震災の凄さを味わっていないわけだが、そんな関西の方でも【震度4】で、比較的強い揺れが起こったのであった。
実は震度4以上の地震は私も初めてだったため、しかもその初めての震度4の揺れ方が、波のように大きく、船酔いしそうなほどの揺れ方だったことを今でも覚えている。関西でもそんな状況だったため、東北大震災の揺れはどれほど大きかったのだろうか。
想像しただけでも本当に恐ろしいのである。

そんな突然卒業式というめでたい日から一遍、本当に忘れられない悲惨な日に変わってしまったわけだが、東北の方のその時の状況を振り返ってみると、まず、地震で家が崩れたりしたことにより、多くの人がそれで亡くなってしまった。
そこで助かった人も大勢いるのだが、ところがである。この後予想だにしなかったような【かなり大きな津波】が襲ってきたのである。この津波で逃げ遅れた人たちが沢山いて、それで亡くなった人も多かったのである。
今思い出しても、あの時の状況は本当に悲惨なものだった。これが東北大震災の当時の状況であった。

 


 

東北大震災 3.11 復興の為に歌を歌うアーティストたち

そして、東北大震災が起こった後、沢山のアーティストたちが、東北の被災地に訪れて、そして心強い歌を歌ってくれた。
このアーティストたちの歌で、どれだけ心が救われた人たちも多かっただろうか。【たかが歌】そう思う人もいるかもしれない。歌を歌うことで何が変わるのか?と思ったアーティストたちも正直いたのではないかと思う。
それでも、アーティストの人たちにとっては、歌うことが自分が出来る精一杯の復興支援だったのであろう。

実際、そんなアーティストたちに元気づけられた被災者の人たちも沢山いるだろう。
その中でも特に今回お勧めしたい東北大震災を元気づける曲がこの曲である

この曲は知らない人も多いかと思うが、是非一度聞いてみてほしい。きっと辛いことも乗り越えられるような、そんな気持ちになるだろう。

東北大震災 3.11 幽霊がいたという噂もあるがどうなのか

そして東北大震災では、ネット上では【幽霊がいた】というような情報も出回っているようだが、確かに幽霊はいるのかもしれない。今回何の前触れもなく襲ってきた東北大震災、そんな中突然命を落とした人は、やりたいこともまだまだ沢山あったという人も沢山いただろう。ところが、そんな将来の夢や希望が、一瞬にして奪われてしまったのだ。
これは後悔してもし切れないだろう。まだまだ見れ炎を残して亡くなってしまった人も沢山いるはずだ。

そのような人たちが、幽霊となって成仏出来ずに、いまだにこの世を彷徨っているのかもしれない。
そう考えると、今回のような復興支援を目的にした歌は、そんな幽霊たちにもとても心強いものとなったのではないかと思われる。
そう言う面でも、東北大震災の復興を願うために歌われる歌というのは、意味があるものなのではないかと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top