EAT-MEN

Read Article

3.11 黙祷のやり方 時間についてやアナウンスについて。黙祷は反対という言葉も一部で目立っている

今日は3月11日で、何の日かというと【3.11】である。東北大震災が起こった日であるが、そんな3.11の今日は、黙祷の日と言われている。そんな黙祷のやり方や、時間やアナウンスについて。そして【黙祷は反対だ】という言葉を言っている人について、お伝えしていこうと思う。

 

 

3.11 黙祷のやり方や時間について

さて、3.11は東北大震災の日ということをお伝えしたが、そんな3.11には黙祷があるという。そんな黙祷のやり方や時間について、お伝えしていこうと思う。
まず、3.11の黙祷についてのやり方だが【1分ほどその場で直立して、頭を垂れるような姿勢で、被災者に対して祈りをささげる】と言ったものである。

そして、立つのが難しい人は、座って頭を少し下げた姿勢で黙祷して頂いて構わない。とは言っているが、大切な事は、黙祷をする時の姿勢よりも【どれだけ被災者の人たちに祈りを込めて黙祷するか】ということが、何よりも重要なのである。
姿勢を気にするのは被災者に対する祈りの思いが出来たうえで、気にすれば良いと思う。ということで、黙祷のやり方に関しては、このようなやり方となる。

そして次に3.11の黙祷の時間について気になる方も多いかと思うが、実はもう黙祷の時間は終わっていて【14時46分】が黙祷の時間だったそうである。「だったらもういいか」という風に思わず、まだ黙祷していない人は一旦ブログを読むのをここでストップして、1分間黙祷をこの場で捧げてほしいと思う。
例え時間通りでなくても、黙祷することに意味があるのである。ちなみに私もこの時間には黙祷できなかったため、先ほど1分間の黙祷を、被災者の被災者の人にささげた。

 


 

3.11 黙祷のアナウンスはショッピングモールなどでも行われたようだ

3.11の黙祷のアナウンスについてだが、アナウンスは14時46分になると、一般のショッピングモールなどでもアナウンスされたようである。アナウンスの内容は「震災から4年が経ちました…」から始まり、そして一斉に黙とうをささげたそうだ。
正直、3.11については、アナウンスが流れるまで忘れてしまっていた人もいるだろう。
なので、こういったアナウンスが流れてくれることは、私たちにとっても、3.11の東北大震災を思い出すきっかけとなる、ありがたいものであると言えるのではないだろうか。

実際、私の職場でも黙祷のアナウンスが流れていたのだが、私はどうしても手が離せない状況だっため、黙祷を捧げられなかったので、先ほど個人的に黙祷を捧げたというわけである。
ということで、黙祷のアナウンスに関しては、このような所である。

3.11 黙祷は反対という言葉も ネット上で騒がれていた

3.11の黙祷に関してだが、ネット上では「黙祷は反対だ」という言葉があり【3.11黙祷デモ】というのがあったそうで、実際に去年も3.11反対運動なるものがあったそうである。
なぜ、素直に被災者の為に黙祷も捧げられず、しかも今回はデモだったということで、ネット上からはかなりの反論意見が言われているのである。その一部の概要を紹介すると

「何で被災者の為に、静かに黙祷を捧げる事も出来ないのか?」
「何でこんな時に反対デモなんてするのか。人間としてどうかと思う」
と言ったような、ネット上の反論が多く目立っていた。確かに、私もネット上の人たちと同じ意見で【なぜ、被災者の為に黙祷さえできないのか】と、本当に疑問に思ってしまう。

確かに、黙祷に関しては意見がある人もいると思うが、黙祷を反対する人は、それは単なる【自分のエゴ】だと思う。
だが、大多数の人は黙祷を捧げる事に関しては賛成なため、まだ現時点で黙祷を捧げていない人は、是非今からでも黙祷を捧げてほしいものである。
そして、3.11に対して、今日3.11と検索するたびに10円が被災地に寄付される】ということになっているそうなので、検索するだけで被災地の力になれるわけなので、是非検索だけでもしてあげると良いかと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 記事を読んで今日読んだ出来事も踏まえ、思うところがありましたので、
    コメントさせていただきます。

    今日、私の職場では地震のあった時刻に黙祷のアナウンスがあり、黙祷をしましたが、
    立てるのにもかかわらず、私の職場の人は起立せず、座ったまましていました。
    理由を聞いたら「立つほどのものではないと思った」と言われ、
    違う人に聞いたら「みんな座っていたから」と返されました。
    非常にショックでした。

    黙祷に関しては状況によって座ったままでも仕方ないですし、
    記事に書いてあるように忙しい方もいらっしゃると思うので、
    必ずやれというものでもないと思います。
    アナウンスがありでもしないと、なかなかやりませんしね。

    ですが、できる状況であり、そういったアナウンスが流れるのであれば、
    起立し、頭を垂れて敬意や哀悼の意を表す態度を示すべきだと思います。
    こういうのは想いを馳せるのも重要ですが、
    そういった姿勢というものもすごく重要だと思います。

    黙祷というのは簡単な礼節です。
    「なぜしないといけないのか?」なんて疑問には逆に
    「なぜやれないのか?」と考えてしまいます。
    それぐらい私にとって簡単なのです。
    礼節は理屈で説明できるものではないと考えているので、
    そういった疑問に対して、私には筋の通った回答は出せません。

    長々と愚痴っぽくなってしまい、失礼いたしました。

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top