EAT-MEN

Read Article

藤澤季美歌 世界一の美脚と言われフライデーで話題に!高校卒業後 ミス東大となりダンスも上手いことから「100年に1人の逸材」と騒がれている

藤澤季美歌が世界一の美脚と思わせるような表現で、フライデーにも取り上げられ話題になっており、高校卒業後にミス東大となり、さらに見た目とダンスの激しさのギャップから、男性から今凄く人気を集めていることで話題となっている。
だが、藤澤季美歌に関してはまだほとんど情報がネット上にはないのである。そこで今回は、藤澤季美歌について、私が独自に情報を収集して分かったことについて、お伝えしていこうと思う。

 

 

藤澤季美歌 世界一の美脚とフライデーで騒がれ話題に!100年に1人の逸材と言われている

藤澤季美歌が【世界一の美脚だ】と思わせるような大げさな表現でフライデーにて取り上げられていたため、フライデーには【100年に1人の逸材】というような表現をしていたのである。
そこまでいうならこれから注目されるだろうし、気になる人も多いかと思ったので、先に藤澤季美歌について、私がお伝えしておこうと思う。

まず、藤澤美紀に関してはwikiが存在しないため【wiki風プロフィールの紹介】と題して、藤澤季美歌の基本的なプロフィールをまずはお伝えしていこうと思う。

藤澤季美歌

本名 藤澤季美歌
出身高校 修猷館高校
在学中大学 東京大学前期教養学部文化三類1年
特技 英語、ダンス
勉強中の特技 中国語
現在のサークル活動 ダンスサークル、運動会体育部(掛け持ち)
親 父…医者 母…薬剤師

これが、藤澤季美歌のwiki風の簡単なプロフィールとなる。

 

 

藤澤季美歌 高校卒業後ミス東大となり 激しいダンスと見た目のギャップにやられる男性が続出!

藤澤季美歌の高校は修猷館高校と言い、この高校の読み方は(しゅうゆうかんこうこう)という風に読むそうだ。
そんな修猷館高校について実際に偏差値などを調べてみたところ【偏差値70前後】と、かなり優秀な高校であった。この高校は東大生など、有名な大学への進学者も何人か出しているぐらいのエリート高校であるそうだ。

さらに、藤澤季美歌の特技に英語という風に書いてあるかと思うが、実はただ英語が得意なだけではなく、実は高校時代には【英語のディペート部】という部活に所属していたそうで、そのため英語が特技となった訳だが、なんとそんな高校の時に【全国大会で団体準優勝】という成績を残しているそうである。
さすが、父は医者で、母は薬剤師というだけあって、その頭の良さは親から引き継がれているのであろう。

そんな藤澤季美歌は高校卒業後は東京大学に見事に合格し、東大では【ミス東大】に選ばれるほどのスタイルや顔、そして美脚の持ち主なのである。
そんな藤澤季美歌は現在大学ではダンス部に所属していることはもちろんだが、さらに運動会体育部にも所属していて、現在掛け持ちをしているそうである。

高校時代の頭を使う部活からは一変、大学では激しく踊ったりする体育会系のサークルに所属していることから、運動神経も良くて、頭も良くて、さらに美脚で顔も可愛らしくて美人だという、まさに【100年に1人の逸材】と言っても、確かに過言ではないだろう。

藤澤季美歌 フライデーにて取り上げられていた情報について

そして最後に補足として、フライデーに取り上げられていた藤澤季美歌の事について最後にお伝えしておこうと思う。
藤澤季美歌は19歳にしてその美脚とスタイルで、今ネット上でかなり話題となりつつあるが、そんな藤澤季美歌が先日初めて、勇気を出して書下ろしに挑戦したそうである。
その時の藤澤季美歌の心境は「こんなに大人っぽく撮ってくれるとは思わなかった」と、驚きの様子だったそうだ。

これはいわゆる、藤澤季美歌にとって初めてのグラビア活動だったそうだが、やはり最初は凄く不安だったそうで「脚をどれぐらい見せるか正直ちょっと心配だった」と述べており「お仕事だから出来る限りの事はするけど、100%できないこともあるので」というのが正直の当時の心境だったそうである。
この話からも分かるように【藤澤季美歌は清純派な女性】であることが分かる。自分を出し過ぎない、でも出すところは出すという、非常に素直な女性であることが分かる。

このような清純で初々しくて、さらに素直な女性、それが藤澤季美歌なので、きっとこれからもどんどん雑誌の依頼があったり、テレビ出演も近々増えてくるだろう。
なので、今のうちから【藤澤季美歌】を要チェックである。今後どのような活躍をしてくれるか、本当に楽しみである。
ちなみに写真の女性は全然関係ない女性なので、あしからず。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top