EAT-MEN

Read Article

前園泰徳 「出身大学は東大だった」事が明かされ ネット上では驚きの声


前園泰徳が菅原みわを殺害したという事件で、現在騒がれている状態であるが、そんな前園泰徳の出身高校・大学や学歴などの経歴が新たに分かってきたそうだ。そして家族についてもわかってきたそうで、それはまた違う記事にて別にお伝えしようと思うが、まずは前園泰徳の出身不大学や学歴などの経歴について、わかっていることをお伝えしていこうと思う。

 

 

前園泰徳 出身大学や学歴などの経歴が凄かったと話題に「東大だったのに…」

前園泰徳が菅原みわを殺害したとして、現在取り調べが行われている最中だが、おそらく今回菅原みわを殺害したのは、前園泰徳といえるだろう。現在まだ動機などは分かっていないが、ネット上で噂されているのが「不倫していたことによるトラブルじゃないか」ということが噂されているのである。
この根拠に関しては、私の前のブログにてお伝えしているため、そちらを見ていただきたいのだが、簡単に説明しておくと【前園泰徳と菅原みわの二人は、ブログをしていて、そのうちの前園泰徳のブログから不倫だったと予測される】というものである。

さて、なんとなく簡単に状況がつかめたところで、前園泰徳の出身高校・大学や学歴などの経歴についてお伝えしていこうと思う。
まず、前園泰徳の出身高校についてだが、ネット上では現在不明となっているが、何とか突き止めることができた。その高校名というのが【千葉県立東葛飾高等学校】という公立高校であったそうだ。
この高校については【県内有数のトップクラスの高校】ということだそうだ。

前園泰徳は高校時代から頭が良かったと言えるだろう。そしてそんな高校に通っていたからなのか、気になる出身大学は「東京大学」であることが判明したのである。
東京大学と言ったら、誰もが知っている日本でもトップレベルの大学であるが、そこに合格し、それからはさらに東大の大学院に進学するなど、誰が見てもエリートと言えるような人生ではないだろうか。

 

 

前園泰徳のその後の最終的な経歴は 福井大学大学院准教授だったことが判明

東大の大学院の博士課程を修了した後には、九州大学や京都大学の研修生として働いており、それからは鹿児島県の小中学校の環境教育院として環境について教え、その後は福井県勝山市の環境保全の推進コーディネーターになった後に、東邦大学の理学部の非常勤講師として働き、そして現在の福井大学院の准教授として働いていたということである。

ここに来るまでかなりの過程を経て、やっと准教授になれたというのに、その矢先にこのような事件があったんじゃ、今までやってきたことが全てパーになってしまうことだろう。
そして前園泰徳としての自分の仕事を誇りに思っていたそうだし、そんな仕事も大好きだったはずなのに、なぜこのようなことになってしまったのか。菅原みわのことを考えると本当にかわいそうで胸が痛くなる。

菅原みわは、前園泰徳のことをとても尊敬していたそうで、前園泰徳のことも信用しきっていたと考えられるため、今回の件は非常に残念である。ただ、可能性としては「不倫ではないか」という風に言われているが、純粋に前園泰徳を尊敬していただけという風に考えると「前園泰徳の一方的な好意が伝わらなかったために殺害した」という可能性が高いといえるだろう。ちなみにまだ殺害の動機などについては発表されていないため、また発表され次第、ブログにてすぐにお知らせしたいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top