EAT-MEN

Read Article

徐才厚死去 死因のがんによる多機能不全で 巨額賄賂が不起訴になったが 賄賂の原因がネット上で話題に


徐才厚前中央軍事委員会副主席が、死去した。死因はガンであったことが明らかとなった。徐才厚は実は巨額な賄賂に問われていたそうだが、この度ぼうこうがんで死去したため、その話は不起訴になることが明らかとなったそうだが、それ以前に「徐才厚って誰だ」「何でこんな人がヤフーニュースで取り上げられているんだ」と思った方が多いかと思うため、徐才厚についてどのような
人物だったのかということをお伝えしていこうと思う。

 

 

徐才厚死去 死因はぼうこうがんで 巨額賄賂が不起訴に

徐才厚が死去して、死因がガンであったことはお分かりだと思うが、では、そんな徐才厚とは一体どのような人物だったのか?徐才厚という人物について詳しく、簡単にお伝えてしていこうと思う。

徐才厚

生誕1943年6月
満洲国奉天省復県(現・中国遼寧省瓦房店市)
所属組織中国人民解放軍陸軍
軍歴1963 – 2014
最終階級上将
引用元:Wikipedia

これが徐才厚の簡単なプロフィールである。ちなみに徐才厚の読み方は【じょさいこう】と読むそうだ。
プロフィールからは少し徐才厚がどんな人かが分かりにくいかと思うので簡単にどんな人かを説明すると、徐才厚は【中華人民共和国の軍人】であることが明らかとなっている。
ちょうど20歳から軍人となり、そしてそのほとんどの生涯を軍人として生きてきたと言えるだろう。

その後の徐才厚は幹部になったり副主任になったりと、どんどん階級を上げていき、最終的には【上将】まで階級を上げていったそうだ。そんな徐才厚はある事件をきっかけにその肩書が失われることになる。

 

 

徐才厚 巨額賄賂事件で大騒ぎに!がんのため不起訴になったが…

徐才厚は中華人民共和の軍人として、精一杯勤めているものだと思われていた。しかし、2014年の6月30日に中華共産党による会議で、【徐才厚氏の巨額な賄賂】が発覚したことにより、徐才厚の党籍が失われるという事件があった。
その巨額な賄賂の事件の真相については、中国人民解放軍総後勤部元副部長の谷俊山と言われる人から、多額のわいろを受けていたということである。

具体的には【徐才厚の自宅に大量の金塊や大量の高級な酒】を所持していたことが分かったそうだ。
これが発覚したことにより、徐才厚はその肩書を失うこととなったとともに【重大な規律違反】として、刑事的責任を問わされることとなっていたそうだが、ご存知の通り、徐才厚はガンで死去してしまったため、その話も無かったことに【不起訴に】なってしまったという。
ということで以上が徐才厚についての詳細となる。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top