EAT-MEN

Read Article

ガラホの時代が来た!ガラホとはLINEやアプリなどの機能がガラケーに搭載された 画期的な携帯電話だった!

ガラホの時代が来た!ということで、週刊ポストでも取り上げられたガラホと呼ばれる携帯電話が今話題となっているそうだ。ガラホはLINEやアプリなどの機能を、ガラケーでも使えるようになった、ガラケー型スマホの事である。
そんなガラホについて、今回は詳しくお伝えしていこうと思う。

 

 

ガラホでLINEやアプリが出来ると話題になっており、50代~60代の男性に人気

ガラホについては、先ほどもお伝えした通り、従来のガラパゴス携帯、通称ガラケーに、スマートフォンこと、スマホの機能をそのまま搭載したものが、今流行りの【ガラホ】と呼ばれるものである。
ということは呼び方は【ガラパゴスフォン】ということになるのだろうか。それはまだ分からないが、そんなガラホについて、今回はお伝えしていこうと思うが、まず気になるのが「ガラホでもLINEやアプリが出来るのか?」という所だと思う。

確かに、またガラケーの形に変わって、入力ボタンも指で押す型に変わっていて、LINEやアプリは一見できなさそうに思えるが、ガラホはガラケーとは違い【ガラケーの使用感を意識して作られた、スマートフォン】ということになるため、もちろんLINEやアプリなどもスマホ同様使えるということだ。
しかし、そもそもわざわざガラホを作る必要があったのだろうか。なぜガラホを作るようになったのかを、次のトピックではお伝えしていく。

 

 

ガラホを作る必要があった理由

ということで、なぜガラホを作る必要があったのかということを説明していこうと思うが、そもそもスマホが登場してから、ほとんど形態がスマホに変化して、ガラケーを見かける事はほとんどなくなってしまった。
しかし、現状ではスマホの普及率は落ちており、ガラケーの普及率が年々高くなってきているのである。
その為、スマホの生産が少なくなってきて、そしてガラケーの生産が年々増えてきているという状況なのである。

その原因としては【お年寄りがスマホを使うのが難しくて使えないため】ということだろう。
日本はどんどん高齢化してきているため、その影響もありガラケーの普及率が国の中でダントツに高いのである。
そんなお年寄りのニーズなどを考えて、何とかしたいと編み出されたのが【ガラホ】なのである。

ガラホのメリット・デメリット

そんなガラホのメリットやデメリットなどをお伝えしていくと、まずメリットとしては【月々の料金がスマホより安い】ということである。スマホは月々大体6000円ぐらいがほとんどなのだが、ガラホの場合は【月々5000円程度】と、1000円ほど安くなるのである。これは年間にすると【約12000円】お得だということになるため、これが1つのメリットである。
そしてもう一つのメリットとしては【タッチ操作ではない】ということである。

これは、お年寄りにとってはとてもありがたい機能であろう。
しかし、メリットもあればもちろんデメリットもあるわけで、ガラホのデメリットと言うのが【アプリがほとんど使えない】ということである。ここがスマホとの違いと言って良いかもしれない。しかし、LINEなどの特定のアプリなどは使えるそうだが、使えるアプリと言うのが全部で20種類ほどだという。

ということで、携帯でアプリなどを楽しみたい方は、あまり向かないがそもそもガラホは高齢者向けに作られたものでもあるため、そこまでアプリの事については気にしなくても良いだろう。
以上がガラホのメリットやデメリットになる。興味がある方は一度店舗にて確認してみてはいかがだろうか。現在Softbankとドコモは取り扱っていないそうなので、気になる方はauショップに行かれることをおススメする。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top