EAT-MEN

Read Article

安めぐみ 第1子の詩歌出産!予定日より遅く生まれたが 名付け親の萩本欽一も喜びの声

安めぐみが第1子を出産したことを発表した!名前は詩歌(うた)と言い、予定日よりも少し遅れた3月に誕生した詩歌であるが、そんな第一子詩歌の命名が欽ちゃんこと萩本欽一であることが発覚した。
ということで今回はそんな安めぐみの出産についての詳細や、安めぐみの旦那などについてもお伝えしていこうと思う。

 

 

安めぐみ 第一子の詩歌出産!予定日よりも少し遅れての誕生

安めぐみに第一子の詩歌が誕生したことが今日先ほどの速報で明らかとなった。今日はスザンヌの離婚と言い、話題が多すぎる1日となっているが、そんな安めぐみの第一子である詩歌は、予定日よりもかなり遅く、当時予定日は【1月】とネット上で騒がれていたことが明らかとなった。
しかし、こんなにも予定日が送れるものだろうか。さすがに二か月はおかしすぎるため、これは何らかの情報とゴチャゴチャになったと考えられる。

実際の予定日に関しては今現在は情報はないのであるが、明日のテレビのニュースなどでも話題となるかと思うため、そちらで確認して頂ければと思う。
そして安めぐみの第一子の詩歌の名付け親である人物が【欽ちゃんこと萩本欽一】であることが明らかになったのだが、実は安めぐみと旦那は、欽ちゃんに元々女児であることを前提に名前を決めてもらっていたそうである。
これでもし女児で無かった時は、どうしていたのだろうか。ちなみに【うた】の漢字については現在考え中との事である。

 

 

安めぐみの旦那の東貴博「ウチの安さんが頑張ってくれました!」と報告

そして安めぐみの旦那の東貴博(あずまたかひろ)は、今回の安めぐみの出産に対して「ウチの安さんが頑張ってくれました!!」という風に喜びの雄たけびを、あげていたそうだ。
きっと出産前は汗がだくだくで、お札で汗をぬぐっていたことだろう。そんな旦那の東貴博は「今現在の赤ちゃんの状態は、東貴博でも安めぐみでもなく、東貴博の父の東八郎に似ています」という風に、第一子の詩歌の様子を明かしたそうだ。

ちなみに東貴博とはどんな人物なのかを少しだけお伝えしておくと、東貴博は日本のお笑いタレントであり、お笑いコンビ【take2】のボケ担当である。東貴博は単独では見たことある人も多いかと思うが、お笑いタレントのコンビだった事は、知らない人も多かったのではないだろうか。
そんな東貴博は一部の番組では【東MAX(アズマックス)】を名義として活動しているそうである。

東貴博は汗をかくとお札で顔の汗を拭くというギャグで有名になっている。ハンカチ王子ならぬ札束王子である。
最近テレビではあまり見なくなったが、仕事の方はちょくちょくあるようで、安めぐみも東貴博も元気に暮らしいる様子である。

この二人を見ていると、離婚というような雰囲気は全くなく、おしどり夫婦と言っても良いだろう。ちなみに安めぐみと東貴博の第一子の詩歌の体重は3158グラムで、身長50センチと平均的な体重身長で、元気な赤ちゃんだという。
出産を経てますます二人の絆は深まっていったと思うので、今後も末永く幸せに暮らしてほしいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top