EAT-MEN

Read Article

スザンヌ 離婚会見で大粒の涙を流し「家族にはなれていなかったのかな」と主張

スザンヌの会見が行われると、昨日ブログにてお伝えしていたのだが、今日開かれた会見でスザンヌは大粒の涙を流し、真相を語っていたそうである。
ということで、そんなスザンヌが会見で大粒の涙を流しながら話したことについて、お伝えしていこうと思う。

 

 

スザンヌ 離婚会見で大粒の涙を流し 離婚について原因を告白

スザンヌの離婚について、昨日からかなり話題となっているが、そんなスザンヌの離婚について、今日会見が行われたそうで、その会見でスザンヌは大粒の涙を流しながら、会見を行ったそうである。
この会見からますます、離婚した夫である斉藤和巳に関して「スザンヌが可愛そう過ぎる」「ほんとに旦那は最低だ」というような批判の声が挙がっているという。

そんな涙しながら語ったスザンヌの離婚についての会見について、内容をお伝えしていこうと思う。
まず、離婚までの経緯について、スザンヌは「夫婦にはなれたが、家族にはなれていなかったのかなと感じます」という風に発言した後に、大粒の涙を流したということである。
ちなみに離婚について先に切り出したのは、旦那の斉藤和巳の方だったという。

 

 

スザンヌ「本当は戻りたかった」と告白

そしてスザンヌは今回の会見で「去年の夏ごろから話し合いを進めていた」という風に暴露しており、そして「年末に話し合って結論を出した」という風に述べていたそうである。
この話し合いでどうやらスザンヌは一緒に暮らす想像が出来なくなってしまったみたいで、一体なぜ旦那の斉藤和巳は離婚を切り出してきたのかについては「夫婦間での話し合いが足りなかったのかな」と、告白していたそうである。

一緒に暮らすイメージが出来なくなったと言っても、スザンヌは「出来る事なら仲直りして戻りたかった」ということを暴露していた。今回の離婚については「離婚の原因は些細な喧嘩がキッカケだった」という風に述べており、まさかその件かがきっかけで離婚に及ぶとは思っていなかったそうで「まさかこんな形で離婚になるなんて…」と、悲しそうな表情で語っていたという。

スザンヌ 旦那と上田桃子との浮気について「そうじゃないと良いな」とここでも旦那を信じる

スザンヌは2014年に噂されていた【旦那と上田桃子の浮気】について、会見では「この真相に関しては本当に分からないが、そうじゃないと良いな」と、最後まで旦那を信じていると思われる発言をしていたそうである。
一方的に離婚話を切り出されただろうスザンヌなのに、こうして今でも旦那であった斉藤和巳を信じる姿勢を見ていると、いかに素晴らしい嫁であったということが分かる。

こんなに素直で純粋なスザンヌと離婚することになってしまった旦那の斉藤和巳は、現在も進行形でかなりの批判の声を受けているという。確かに、まだ子供も出来たばかりの、一番旦那に支えてもらいたいタイミングでの離婚発表の為、批判されるのも無理はないだろう。
スザンヌはこれから子育てと芸能活動で本当に大変かと思うが、実家の母などに育児を手伝ってもらいながら、頑張っていってほしいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top