EAT-MEN

Read Article

城南海 カラオケバトルがTwitterでも話題に!「糸などのアルバム曲を歌ってほしい」という声多数

年城南海が今日の3月18日の【カラオケバトル】に出演することが明らかとなっている。6冠達成なるかと話題になっているのである。そして城南海の出演に関してTwitterでも話題となっており、「糸などのアルバム曲を歌ってほしい」という声が多数挙がっていた。
そこで今回は城南海の事をまだ良く知らない人の為に、城南海について、簡単なプロフィールや、今回のカラオケバトルの放送の詳細についてお伝えしようと思う。

 

 

城南海 カラオケバトルで【6冠獲得なるか】と話題に

城南海がカラオケバトルにて【6冠獲得なるか】ということについて、現在話題となっている。
城南海と言えば、去年あたりから突然カラオケバトルに参戦し、その歌唱力の凄さと、独特の歌唱法で話題となった人物であるが、そんな城南海について、まずはどんな人なのか?ということについてお伝えしていこうと思う。

城南海は、名前の読み方は【きずき みなみ】という風に読む。私は最初この名前の読み方が分からなかったのだが、どうやらこういう名前の読み方なのには【出身が奄美大島】ということが原因だと思われる。
そしてそんな城南海は【グィン】と呼ばれる独特な歌唱法を使って歌うことで、話題となったのだが、そのグィンとは何か?ということを簡単に説明すると、要は【こぶし】のようなものである。

良く、演歌歌手が使うテクニックの1つであるが、グィンはこぶしと言う風に思って頂いて構わない。
今日のカラオケバトルでも実際にグィンを使った歌唱を行うと思われるため、今日の城南海の歌い方にも注目である。

 

 

城南海 プロフィールの詳細

さて、ここで城南海のプロフィールの詳細についてお伝えしていこうと思う。

城南海

出生 1989年12月26日(25歳)
出身地 鹿児島県奄美市
ジャンル ポップス、シマ唄
職業 歌手
担当楽器 三味線、ピアノ、奚琴
活動期間 2009年 –
引用元:Wikipedia

これが城南海の簡単なプロフィールになる。
城南海の活動期間を見て頂くと【2009年】となっていることがお分かりかと思う。
カラオケバトルに初めて出場したのは、2014年の事なので、このことから【城南海はカラオケバトルが初めての歌手活動だったわけではない】ということが分かるだろう。

活動自体は2009年なのだが、歌に興味を持ち始めたのは【1989年】の事だそうだ。この理由としては【兄の影響】という風に語っている。ちなみに兄の影響で歌いだしたのが【シマ唄】ということだそうだ。
恐らくこれがきっかけで、奄美民謡の独特な歌い回しである【グィン】をマスターするきっかけとなったのだろう。
その語は2009年にちちんぷいぷいみ出演して話題となり、そしてカバーアルバムを出すきっかけとなったのは【2014年から出場したカラオケバトル】がキッカケなのである。

城南海 カラオケバトルが3月18日放送!

そんなカラオケバトルだが、3月18日に城南海が出演するそうである。
今回のカラオケバトルは【チャンピオンシップ】ということで、いつもとは違う、スペシャルになっているそうだ。歴代のチャンピオンたちが集結して、競い合うそうで、熱い戦いが予想されている。
そんなカラオケバトルは7時から放送で、1部と2部があるため、これは見ものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top