EAT-MEN

Read Article

相棒13 最終回の感想やネタバレ「まさかの結末、ダークナイトが○○だったなんて」との声が殺到

相棒13が昨日とうとう最終回を迎えた。ネット上では相棒13の最終回に対して「まさかの結末。ダークナイトが○○だったなんて」「なんて後味の悪い終わり方なんだ」というような声が殺到していた。そんな相棒のあらすじや結末について、今回はお伝えしていこうと思う。ちなみにこちらから相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へのネタバレがご覧いただける

 

相棒13 最終回のあらすじやネタバレについて

さて、相棒13が昨日最終回を迎えたことについて、ネット上では「これ、相棒終わっちゃうパターンじゃない?」「まさかの結末で驚いた」と、ネット上の感想はかなり凄いことになっていたそうである。
ということで、相棒の最終回のあらすじや、ネタバレについてお伝えしていこうと思う。

相棒13の最終回のあらすじを簡単に説明

ダークナイトと言われる人物が、ここ2年半の間に犯罪を犯した人だけに制裁を加えるという事件が多発していた。
それを人はダークナイトと呼んでいたが、ダークナイトの特徴は「暴行はしても致命傷は与えない」ということである。
今回はダークナイトと思われる人物が、なんと殺人事件を起こしてしまったそうだ。とうとう致命傷を犯してしまったダークナイト。そんなダークナイトの犯人は誰なのか?

これが簡単最終回のあらすじとなる。

 

 

相棒13 最終回のネタバレ ダークナイトは○○だったというまさかの結末

さて、相棒13のあらすじを再度簡単に確認したところで、今回の相棒13の最終回のネタバレとして【ダークナイトは一体誰だったのか】と言うことをお伝えしていこうと思う。
ダークナイトの正体に関しては、実際にネット上で話題となっているため、知っている人も多いかと思うが、そう。ダークナイトの犯人は【甲斐享(成宮寛貴)】だったということである。

まさかまさか、最終回までにもしかしたら?と思わせるような場面は何回もあったが、まさか本当に甲斐享(成宮寛貴)がダークナイトの犯人だったとは、これは本当に意外な結末であった。
今回の相棒の最終回に関して、甲斐享(成宮寛貴)の最終回の結末の予想としては、ネット上では【殉職、異動、退職】のどれかであるだろうということが予想されていた。
なのでまさか殉甲斐享(成宮寛貴)の最終回が【犯人】で結末を迎えるとは、正直以外過ぎる結末だった。

相棒13 最終回の感想の反響が凄かったと話題に

そして、そんな意外な結末でバッドエンドを迎えてしまった今回の相棒13に関して「ネット上の声が凄い反響だ」と話題になっていた。そんなネット上の反響の声について、一部紹介していくと

「どう説明してもこの3年間を全否定する最終回だった」
「泣ける最終回だった…」
「なんて後味の悪い最終回なんだっ!!!!」
「相棒に幻滅しました。 こんなラスト認めない。 カイト君が居た3年間の全てをぶち壊した脚本、それを書いた輿水さんを許しません。 イタミン達が元気な事、それだけが救いでした。」
引用元:Twitter

このような声が挙がっていた。その他にも「良かった」という声や「最悪な結末だった」というような声が沢山挙がっていたが、それだけ衝撃的な最終回だったということである。
相棒は最終回を迎えたということで「結末的に、もう続編は無いのか?」と、ネット上で話題となっていたが、それに関してはまだはっきりとした事は分かっていないが、あるとすれば、一体どういうスタートになるのだろうか。
ということで、以上が相棒のネタバレやネット上の感想になる。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 何かしらの伏線を張ってなかったとか批判されてるけど、伏線が張られてたとしたら右京さんならダークナイトの正体を暴けるっしょ!
    あと後味の悪いストーリーとかの批判もあるけど、後味の良いドラマや映画がすべて良作ってワケじゃないっしょ! それに後味の悪さも「相棒」シリーズの売りでしょ!

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top