EAT-MEN

Read Article

ラッスンゴレライはメキシコの言葉で意味は「卑猥」だった事が判明!意外な事実にネット上で唖然

8.6秒バズーカは、ラッスンゴレライネタで有名であるが、そんなラッスンゴレライとはメキシコの言葉で【卑猥】という意味であった事がつい最近発覚した。
ラッスンゴレライの意味は分からないと、ネタの中では言われていたが、ちゃんと意味があったのである。
そこで今回は、そんなラッスンゴレライの意味について、お伝えしたいと思う。

 

 

ラッスンゴレライはメキシコの言葉で意味は「卑猥」だったということに対して 意外な事実が発覚

さて、ここまで散々【ラッスンゴレライの意味はメキシコの言葉で意味は【卑猥】という意ったんだ】という風に認識したと思うが、申し訳ない。【ラッスンゴレライのメキシコの言葉の卑猥の意味は嘘】である。これは別に悪気があって嘘をついたわけではなく、実際に今ブレイク中の日本エレキテル連合が報道陣に笑いのネタとして話したことがキッカケで、拡散したようだ。
これが結構ネット上では噂になり「ラッスンゴレライは卑猥だ」という風に広まってしまったのである。

そしてそんな噂を聞いた人たちが、その真相を確かめるために実際に情報を検索していると思うが、実際にこのブログを見ている人も、そうして検索してきた人が多いだろう。
まさか日本エレキテル連合も笑いのネタで話した内容が、ここまでネット上で広まるとは思わなかっただろう。
全く人騒がせな話である。しかも【メキシコ語】とは、よくよく考えてみればそんな言語は存在しないのである。
ではなぜ、日本エレキテル連合はメキシコ語という嘘をそもそもついたのか。

 

 

ラッスンゴレライ メキシコ語という嘘をついた理由

そもそもラッスンゴレライを【言葉の意味はメキシコ語】という風に嘘をついた訳とは、一体なぜなのか?ということについてだが、1つは先ほどお伝えした【笑いを取るため】ということであるが、実はそれにはもう1つ訳があり、それが【映画クレヨンしんちゃんのアフレコで出演するから】というのがもう1つの原因なのである。
よくよく考えてほしいのだが、今回のクレヨンしんちゃんの映画のテーマは「引っ越ししてメキシコに行く」というテーマだったと思う。

ここでようやく意味が分かったかと思うが今回のクレヨンしんちゃんの映画はメキシコがテーマなのである。
そこで最近ブレイクしている8.6秒バズーカと、クレヨンしんちゃんのメキシコを組み合わせてとっさに「ラッスンゴレライの意味はメキシコ語」というような嘘をついたと言える。
結局は【ラッスンゴレライに意味なんてない】ということである。
8.6秒バズーカはこれからもさらに活躍するかと思うので、注目の芸人である。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top