EAT-MEN

Read Article

○○妻 最終回の感想やあらすじ ネタバレを公開!「結末がひどい…」との声

○○の妻の最終回が昨日放送されたことで、○○妻の最終回の感想やあらすじ、そしてネタバレなどについて話題となっている。そんな○○妻の最終回のネット上の感想や、そして見忘れた方の為にあらすじとネタバレについても簡単にお伝えしたいと思う。昨日最終回を見たということも必見である。

 

 

○○妻 最終回のあらすじを簡単に紹介

さて、○○妻の最終回が昨日放送されて、今日もいまだに話題となっているのだが、そんな○○妻の最終回について「見忘れてしまった」「手っ取り早くあらすじを知りたい」「もう一度余韻に浸りたい」という方の為に、簡単に○○妻のあらすじをお伝えしたいと思う。

○○妻のあらすじはこの下から見て頂きたい
【はたから見れば理想的な夫婦に見える妻が持つ秘密を通して、新しい夫婦の形を描いていく】
というような物語である。ちょっと簡単にあらすじを紹介しすぎたかもしれないが、要は理想的な夫婦に見えるが、その妻は○○妻だったということだが、その○○に当てはまるものは何か、ということだが、これは第一話で「契約妻だ」ということが分かっている。

ちなみにもう少し詳しいあらすじとしては【ドラマで○○妻を演じる「ひかり」は、夫の「正純」と6年間交際していた。そんな妻の光は正純に200%尽くすという、はたから見ると完璧すぎる妻であった。そしてひかりは、相手の気持ちを考える能力に長けているが、過去に何か心に深い傷を負っているそうで、結婚ではなく「契約結婚」を希望していたのである。】

これらから分かるように【二人は結婚しているように見せかけているが、実は入籍しておらず、契約上結婚しているように見せかけているだけ】ということである。
こういう所から物語が展開していくのだが、ほとんどの人が○○妻を見ているかと思うため、ここから一気に最終回のネタバレをお伝えしていこうと思う。

 

 

○○妻 最終回のネタバレ「正純の結婚を受け入れた」

さて、○○妻の最終回のネタバレについてお伝えしていくが、ひかりは、正純にプロポーズされて、ひかりはこれを受け入れたのである。長い長いトンネルを抜け、やっと二人は正式に結婚することを決めた。
そしてこの時ひかりは初めて心からの笑顔を見せたのだが、そんなひかりが何と再び板垣の所に行き、そして「もう一度二人で仕事をさせてもらえませんか?」と頼んだが、実はこの時板は奥さんに出て行かれてしまっていて「バカな事言うな」と言って去っていってしまった。

そんな中で、母親の仁美が突然荒れて「死んでしまいたい」と言って暴れだしたのだが、ひかりはそんな母に「自分の罪から逃げるな」と説得し、そして最終的には「結婚式を挙げなよ」という風に言われたため、二人は結婚することになった。
しかし、結婚前日に二人はガラの悪い高校生が周りに迷惑をかけていることに気付く。
正義感が強い正純はそんな高校生に向かって注意したところ、なんと高校生に暴力を振るわれ、階段から落ちそうになってしまったが、そんなところをひかりが助けようとして、二人一緒に土手から転げ落ちたのだ。

それでひかりは意識不明の重体となったが、そんなたタイミングで板垣が「番組に出演して欲しい」と突然依頼してきたのである。
これには正純もびっくりしたようで、どうやら板垣の妻が戻ってきたようだった。理由はひかりが必死に妻に説得してくれたことによるものだった。
なので、その恩返しとして番組に出てもらえるように依頼したのである。

正純は番組に出て、ひかりとの生活の中で気づいた大切な事を伝え始めたのであった。
この時、奇跡的にひかりが意識を取り戻しており、番組前に電話にて「ずっとあなたを見ていますから」と言って電話を切ったのである。それから番組でひかりとの生活で気づいた大切な事を語り、そして番組終了後に病院に行くと、ひかりが息を引き取っていたのであった。

ただ、最終的には「ここでメソメソしてたらひかりに起こられる」と思い、携帯で撮ったひかりの笑顔のウエディングドレス姿の写真を見て気持ちを入れ直したということである。

○○妻 最終回の感想「結末がひどい」と酷評の声が殺到

○○妻の最終回を見た人から「結末がひどい」「もう遊川脚本は見ない」というような、酷評の嵐であったようだ。
この原因については「最後のオチがまさかの死亡オチで雑すぎる」と言った事が原因だろう。
実際にネット上の声では

「なんだこりゃ」「え、終わり?」
「安っぽすぎて、ついていけない」
「終わり方が雑すぎる」「まだ“夢オチ”のほうがマシ」
「最終回だけ、学芸会みたいだった」
引用元URL:http://news.livedoor.com/article/detail/9908771/

という声が目立っていた。確かに最終回の展開は急すぎると私も思う。家政婦のミタが良かっただけに、今回のドラマのラストシーンには少しがっかりだが、もし遊川脚本の次回作があるならば、それに期待しようと思うが、次はもう少し良い終わり方にしてほしいものである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top