EAT-MEN

Read Article

桂米朝 現在死去が速報されたが 死因は肺炎だそうで 「息子も辛いだろうが頑張って欲しい」と応援の声


落語家の桂米朝が現在、死去したという速報が入ってきた。息子も悲しんでいることだろう。
そんな桂米朝の死去の原因は【肺炎】ということであった。桂米朝は人間国宝で上方落語の重鎮である落語家であったそうだが、そんな桂米朝の死去は、多くの人が悲しんでいるのではないだろうか。
そこで今回は桂米朝について、どのような人物だったかをお伝えしていこうと思う。

 

 

桂米朝 現在死去が速報されたが 死因は肺炎だったそうだ

さて、桂米朝が現在死去したことが報道され、眠りにつく前にとても衝撃を受け、思わず今ブログを書いてこうして桂米朝の死去や死因についてお伝えしているのだが、そもそも桂米朝は落語家であるが、一体どんな人物だったのか?
ということをお伝えしていこうと思う。

桂米朝

本名 中川 清
別名 俳号:八十八(やそはち)
生年月日 1925年11月6日
没年月日 2015年3月19日(満89歳没)
出生地 関東州大連普蘭店 (現:中華人民共和国遼寧省大連市普蘭店市)
師匠 4代目桂米團治
配偶者 中川絹子(1958年結婚・2014年死別)
家族 五代目桂米團治(長男)
引用元:Wikipedia

これが桂米朝の簡単なプロフィールとなる。
これだけ見ても、いまいちピンとこないかと思うため、もう少し詳しく桂米朝についてお伝えしたいと思う。
桂米朝はWikipediaにも載っている通り、今日の3月19日に肺炎が死因で死去してしまったが、元々2013年の8月にも、肺炎を患っていたそうである。

その時は、その2か月後には退院したそうで、そこから容体は安定していると言われていたが、今回再び肺炎の再発となったのだろう。新春恒例の【米朝一門会】も2年連続で欠席するなど、昨年から少しおかしいとは思っていたが、その時から体調が悪かったのであろう。そして桂米朝と言えば【2人目の人間国宝】に指定されたことでも有名であるが、坂東三津五郎が死去したばかりのタイミングで、またもや日本にとって貴重である人物が亡くなってしまった事はとてもショックである。

 

 

桂米朝 Wikipediaに書いてある息子や嫁についての情報を簡単に紹介

さて、ここからも引き続き桂米朝についてプロフィールをお伝えしていくが、今度は【桂米朝の身内である息子や嫁】についてお伝えしていこうと思う。始めに桂米朝の息子についてだが、実際に3人の息子がいるようで、その中でも長男は父の桂米朝と同じ落語界で活躍する【桂米團治】だが、本名は中川明というそうである。
息子の中川明は普段はとても天然な方ということで話題になっているそうである。

その他の2人の息子については現在は情報が無いのだが、恐らく一般人の為、名前などの個人情報は公開されていないのであろう。
そんな息子の1人の長男が落語家として活躍しているため、今後は息子の桂米團治に注目が集まる事であろう。
そして最後に、桂米朝の嫁についてであるが、嫁の名前は【中川絹子】と言い、桂米朝が33歳の時に結婚した
そうである。

そんな嫁の中川絹子は1940年に【大阪松竹少女劇団】に入団しており、駒ひかるとして、戦後にはダンスチームで活躍していたそうである。そんな桂米朝との出会いは、演芸で各地を回っている時に出会い、それがキッカケで結婚し、その後は桂米朝や息子たちを一生懸命育ててくれていたそうだ。

そんな嫁の中川絹子は2014年に心不全で亡くなっているそうだ。その1年後に桂米朝が死去したというわけである。
ということで以上が桂米朝や家族のプロフィールになる。今回桂米朝の死去はとても衝撃的な事で、私もついベットから飛び起きて記事を更新することにしたが、この記事で少しでも桂米朝という人物を知ることが出来る人が1人でも多くいるのであれば、幸いである。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top