EAT-MEN

Read Article

2015年の春一番 関東・東海・関西では いつなのかについて「時間切れ」との発表

2015年の春一番について現在話題が挙がっているが、そんな2015年の【関東・東海・関西(近畿)・九州南部】の春一番は【時間切れ(ない)】と、先ほどウェザーニュースで発表された。
春一番とは、かなりザックリと簡単に説明すると、暖かくて強い南の風ということになるが、そんな春一番が2015年は先ほど挙げた地方では、どうやら時間切れで来ないようである。
そこで今回は【春一番とは何か?】ということや、今回2015の春一番の詳細について、もう少し詳しくお伝えしていこうと思う。

 

 

2015年の春一番 関東・東海・関西では いつなのかについて「時間切れ」と発表されたが その意味とは

先ほどウェザーニュースにて【2015年の春一番で、関東・東海・近畿・九州南部は時間切れ】ということが発表されたが「時間切れってどういうこと?」という風に思った人もいるかと思ったので、ここで簡単に時間切れの意味をお伝えしておくと、要は【発表期間内に春一番が来なかった】ということである。この春一番の期限と言うのが【明日の3月21日】なのである。
だが、明日の3月21日は、春一番の条件となる【日本海への低気圧が現れるような気圧配置が見当たらない】とのことだ。

これが「春一番の時間切れ」という意味なのだが、そもそも春一番について、いまだによく意味が分からない人も多いかと思う。そこで次のトピックでは、春一番とは何か?ということについて、分かりやすくお伝えしていこうと思う。

 

 

2015年の春一番は多くの地方で発表されなかったが そもそも春一番とはなんなのか

先ほどから春一番についてお伝えしているが、そもそも「春一番ってどういう意味だっけ?」と言う人も少なくないと思う(現に私も先ほどまで正しい意味を知らなかった)
なので、私のように春一番を知らない人の為に、春一番とは何なのか?ということについて簡単にお伝えしたいと思う。
さて、春一番とは【季節が、冬から春に変わるちょうど今ぐらいの時期に、初めて吹く南寄りの暖かい風】の事を春一番という。

ちなみにもう少し詳しく解説すると【2月4日の立春から、3月21日の春分までの間に、日本海にて低気圧が発達し、毎秒8メートル以上の南寄りの風が初めて吹いて、そして気温が上がる】という現象の事である。
簡単に春一番について解説すると、春一番とはこういったものである。ちなみに春一番は【強い南風により、竜巻などの突風が起こる可能性がある】ので、注意して頂きたい。

北海道など 春一番がない地域もあるそうで 代わりとなるものも無いそうだ

そして最後にこの春一番について【春一番がない地域】についてお伝えしていこうと思うが、そもそも春一番がないために発表されない地域があり、それが【北海道・東北・沖縄】ということだそうだ。
その理由として北海道を例に挙げると、北海道は春一番のような風が吹いたとしても、すぐに冬に逆戻りしてしまうため、春一番というものはないそうだ。

このように、そもそも春一番という言葉自体ない地域もあるため、春一番について知らない人も多いのではないかと思われる。そんな春一番について、このブログで知ることが出来た方は、来年の春一番の風は3月21日までに味わえるよう、願って頂きたいと思う。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top